座談会『中世の風景(上)(下)』は手ごわかった2018年02月04日

『中世の風景(上)(下)』(阿部謹也・網野善彦・石井進・樺山紘一/中公新書)
 蒙古襲来前後の日本の中世の本を数冊読んだのを機に、この時代の概説書をもう少し読んでみようと思い、次の新書を古書で入手した。

 『中世の風景(上)(下)』(阿部謹也・網野善彦・石井進・樺山紘一/中公新書)

 30年以上前の1981年刊行の新書である。ある記事で本書が著名な日本中世の研究者(網野善彦、石井進)と西洋中世研究者(阿部謹也、樺山紘一)の座談会をまとめたものと知り、興味をもった。阿部謹也の『ハーメルンの笛吹き男』は数年前に面白く読んだ。網野善彦の『無縁・公界・楽』『蒙古襲来』は先月読んだばかりだ。石井進、樺山紘一の著書を読んだことはないが、よく目にする名で記事をいくつか読んでいる。

 門外漢の私でも知っているこの4人の名を見て「豪華メンバー」どだと思った。あまりに専門的な本は敬遠だが、座談会なら読みやすそうだ。『中世の風景』というタイトルも親しみやすくていい。私には手ごろな新書に思えた。

 読み始めてすぐ、大きな勘違いをしていたことに気づいた。難しいのだ。座談会なので「歴史よもやま話」とか「碩学に聞く」といった雰囲気を想定していたが、そんな一般人向けの啓蒙概説書ではなかった。

 考えてみれば、啓蒙的な座談会や対談は、その分野の専門家でない司会者や対談相手(形式的には一般読者に近い立場の人)が専門家からその研究分野の話を聞き出すという形になる。ところが、本書の座談会の参加者は全員が第一線の研究者であり、素人の司会者はいない。その研究分野は日本中世史、西洋中世史と微妙に異なっている。ということは、研究者同士がそれぞれの研究成果をもちよって侃々諤々の議論を展開することになるのは当然だ。研究者や史学科の学生には興味深い内容だろうが、門外漢の素人がこの豪華メンバーの議論についていくのは大変である。

 ついていくのが難しい内容だと気づきギブアップしようとも思ったが、理解できなくて当然と居直って読み進めた。中身をきちんと理解できなくても興味深い話題もあり、議論の雰囲気がなんとなくわかればよしとした。話し言葉の節々に研究者たちの本音に近い事情を垣間見た気にもなった。

 本書は上下2巻で10のテーマが取り上げられ、それぞれのテーマごとに一人が研究報告的な問題提起をし、それを4人で議論する形になっている。テーマと冒頭の発言者は次の通りだ。

 1. 海・山・川(石井進)
 2. 職人(網野善彦)
 3. 馬(阿部謹也)
 4. 都市(樺山紘一)
 5. 音と時(阿部謹也)
 6. 農業(樺山紘一)
 7. 売買・所有と法・裁判(石井進)
 8. 家(網野善彦)
 9. 自由(網野善彦)
 10. 異端(樺山紘一)

 歴史の本にしてはやや異様にも感じられる内容だが、「社会史」という方法の研究テーマはこんな具合になるようだ。興味深い切り口ではある。

 座談会の中で研究者たちが面白がっていても、その面白さが素人の読者にはわからないという場面も多かった。だが、馬の鐙、鞍、蹄鉄がもたらした社会変化の話などはわかりやすくて面白かった。網野善彦の水田中心史観批判や樺山紘一の異端論なども興味深かった。

 本書の何か所かで『無縁・公界・楽』が論議の材料となっていて、そのインパクトを見たように思えた。

 日本の中世と西洋の中世に意外に多くの共通点があり、その時代に社会の大きな変革があったことを知ったのは収穫だった。だが、その社会変革の内容を十分には理解できたわけではない。

 研究者たちの侃々諤々を聞いていると、その該博とディティールへのこだわりに感心し、敬して遠ざかりたいと思ってしまう。同時に、自分も多少は勉強せねばという気分にもなる。本書を読み返して中世の社会変革の内容を勉強すべきか…

『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』で塩野七生ワールドの愉楽を味わう2018年02月08日

『皇帝フリードリッヒ二世の生涯(上)(下)』(塩野七生/新潮社)
◎中世モノと言えばこの本もあった

 昨年末から中世の本をいくつか読んでいて、未読本に積んであったこの本を思い出した。

 『皇帝フリードリッヒ二世の生涯(上)(下)』(塩野七生/新潮社)

 刊行時(2013年12月)に購入し、いずれ読もうと思いつつ放置していた。最近読んだ『中世の風景(上)(下)』(中公新書)の終盤で樺山紘一がフリードリッヒ二世に言及していたので本書を想起した。

 読み始めると引き込まれ、ハードカバーの上下2巻を二日で一気読みした。やはり、塩野七生の歴史エッセイは面白い。『ローマ人の物語』(文庫本で43冊)、『海の都の物語』(文庫本で6冊)を読了したのは7年前で、久々に塩野七生ワールドの愉楽を味わった。

 塩野七生は女・司馬遼太郎のようでありながら別種の魅力もある。女性目線の歯切れのいい人物論・男性論・リーダー論は妙に説得的で教訓的だ。小説仕立てではないのに歴史上の人物が生き生きと身近に感じられ、塩野七生の眼鏡にかなったイイ男(主人公)に読者も感情移入されてしまう。

 フリードリッヒ二世はヨーロッパ中世後期に活躍した神聖ローマ帝国皇帝で、1194年に生まれて1250年に没している。日本なら鎌倉時代の人で、3代将軍源実朝より2歳若い。ヒトラーが敬愛した18世紀プロセンのフリードリッヒ二世(大王)とは別人で、高校世界史の教科書にはあまり登場しない。だが、歴史上の重要人物なのは間違いない。

 私がフリードリッヒ二世を知ったのは、かなり前に『神聖ローマ帝国』(菊池良生/講談社現代新書)を読んだときで、とても印象深い魅力的人物だと思った。今回、『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』読み、あらためてこの開明的人物に惹かれた。

◎「笑うしかない」が伝染する歴史エッセイ

 塩野七生はフリードリッヒ二世を「中世に生きながらも200年後のルネサンスに向かう扉を開いた人」と位置付けている。早熟の天才で、中世に生きた近代人だったのだ。早く生まれすぎたにもかかわらず、時代とのおりあいをつけることもでき、ローマ法王との対立を繰り返しながらヨーロッパ随一の皇帝として生涯を全うしている。たいしたものだ。

 本書が面白いのは、主人公に対抗するローマ法王たちがいかにも悪役らしい悪役になっている点だ。塩野七生の「聖職者嫌い」「学者嫌い」が反映されているというより、史料をベースに歴史を組み立ててみると、こんな見方にならざるを得ないと述べているように見える。

 ローマ法王の「法王が太陽で、皇帝は月」という考えに対してフリードリッヒ二世は「神のものは神に、皇帝のものは皇帝に」というイエスの教えで対抗したという見立ては簡明でわかりやすい。フリードリッヒ二世の目指していたものは「政教分離」「法治国家」だという整理も明解だ。こんな歯切れのよさが塩野七生の歴史エッセイの魅力の一つだ。

 それと、今回気づいたのは「笑うしかない」「笑ってしまう」というフレーズが多いことだ。「呆れ返るしかない」も目についた。フリードリッヒ二世や法王たちの言動をたどりながら、著者は笑ったり呆れたりして歴史を楽しんでいる。それが読者に伝染してくるから塩野七生の歴史エッセイは面白い。

 菊池良生の『神聖ローマ帝国』もフリードリッヒ二世を魅力的に描いていて、その中に「当代随一のニヒリスト」と形容している箇所がある。だが、塩野七生はフリードリッヒ二世をニヒリストとは見ていないようだ。死の床で「死ねば何もない」と言ったという年代記作者の説を否定し、「死ねば何もない」などとは思っていなかったのではないか、と述べている。作者の主人公への愛情を感じた。

◎19世紀になって評価され始めた人物

 本書を読了して、ギボンの『ローマ帝国衰亡史』でフリードリッヒ二世への言及があったかどうか気になった。かなり以前に読んでいるが記憶にない。

 あの長大な史書の後半は、西ローマ帝国滅亡の後、東ローマ帝国が滅亡する15世紀までのヨーロッパ・中東の歴史を描いている。その中にフリードリッヒ二世の時代も含まれる。18世紀啓蒙思想の人だったギボンはキリスト教にも辛辣だった。ギボンが法王と皇帝との対立をどう描いているのだろうかとページを繰ってみた。フリードリッヒ二世という人名が一カ所だけ出てくるが事績への言及はなく、無視に近い。

 調べてみると、法王と対立したフリードリッヒ二世は、後世の教会史研究者たちに「専制的で放縦な無信仰者」と批判されたせいか、あまり評価されてこなかったようだ。19世紀になって歴史家ブルクハルトがフリードリッヒ二世を「王座上の最初の近代人」と評してから注目されはじめたのだ。18世紀のギボンがフリードリッヒ二世に着目しなかった事情がわかった。

 歴史上の人物の評価の変遷は面白い。

歴史を理系の視点で考察した板倉聖宣氏が逝去2018年02月10日

訃報記事、『日本史再発見:理系の視点から』(板倉聖宣/朝日新聞社/1993年)、同書掲載の図表
 本日(2018年2月10日)の朝日新聞朝刊に科学教育の板倉聖宣氏の訃報が載っていた。87歳の老衰死とある。扱いがちょっと小さいなと思った。

 仮説実験授業法の提唱者で『ぼくらはガリレオ』をはじめ多くの著作がある人だ。私は教育とは無縁だが板倉聖宣氏のファンだった。約30年前、偶然に京王線の電車内で板倉聖宣氏と言葉を交わしたこともあり、その経緯は4年前のブログに書いた。

 訃報に接して驚いたのは、ほんの2週間ほど前、板倉聖宣氏の消息が気になってネット検索し、Wikipediaで氏のご存命を確認したばかりだったからだ。

 なぜ気になったのか。それは大河ドラマ『西郷どん!』のせいである。第1回と2回は全部観たが、それ以降は録画したものを早送りで観ただけだ。陳腐な作りが目につき、いまのところあまり興味がわかない。

 その『西郷どん!』の中で、百姓たちは白米など食べたことがないという表現があり、引っかかった。板倉聖宣氏が『歴史の見方考え方』(仮説社/1986年)で、統計データに基づいて「江戸時代の農民がもっとも多く食べていたのは米」と指摘していたからだ。同様の指摘を示す図表が『日本史再発見:理系の視点から』(朝日新聞社/1993年)にも掲載されている。

 単純化して言えば、当時の主食物生産量の約6割は米であり、人口比の少ない武士と町人だけで食べきれる量ではなく、多くの農民は主に米を食べていたと考えざるを得ない、ということである。

 わかりやすい説なので納得できた。そんな記憶があったので『西郷どん!』の「白米を食べたことがない百姓たち」が気になったのだ。武士が食べきれなかった米を薩摩ではすべて焼酎にしたとも思えない。大河ドラマはフィクションとは言え学者が時代考証をしていると考えられる。歴史学者たちが板倉聖宣氏の説をどう評価しているのかが気になり、ネットを検索してみた。私の調べ方が悪いのか、何もわからなっかた。詳しい方にご教示いただければうれしい。

 そんなわけで板倉聖宣氏の消息を検索し、その直後に訃報に接した。合掌。

西部邁の自死はズシンときいてくる2018年02月11日

『ファシスタたらんとした者』(西部邁/中央公論新社)、『保守の真髄:老酔狂で語る文明の紊乱』(西部邁/講談社現代新書0)
 西部邁の自死から3週間以上が経過した。時間の経過とともに、私があの自死にかなりの衝撃を受けていると自覚した。

 自ら予告し続けた自死であり、己の論理あるいは哲学にかなった「合理的」とも言える自死だが、そんな自死を実行できる人が多いとは思えない。明晰なのに釈然としない。私たちが自分の将来(老残)を考えるとき、西部邁の影がチラチラしそうな予感がする。

   このブログに書いたように、西部邁自死の直後に『ソシオ・エコノミクス』と『寓喩としての人生』をひもといてはみたものの、この20年ばかりは彼の新著は読んでいなかった。ネットで検索すると、持続的にかなりの著作をものしている。この1年でも次の2冊を刊行している。

 『ファシスタたらんとした者』(中央公論新社/2017.6.10)
 『保守の真髄:老酔狂で語る文明の紊乱』(講談社現代新書/2017.12.20)

 自身の思想遍歴を述べた『ファシスタたらんとした者』は『寓喩としての人生』とかぶる部分も多いが、その後の約20年も含まれていて言葉の芸もあり一気に読めた。やや批判的に江藤淳や三島由紀夫の自死も論じている。三島を論じるのは、自分が自死を決めたということだとも述べている。

 『保守の真髄』は語り下ろしの新書で、あの粘着質で嫋嫋かつ朗朗とした理屈っぽいおしゃべりを延延と聞かされている気分になる。自身の見解と思想の概略だけでも語り尽くそうという執念を感じる。難解な部分も多い。十全には理解できず、賛同しがたい見解もあるがトータルの雰囲気は納得できる。

 2冊とも自死の必然性に言及していて、死の影が色濃く漂っている。だが、死ぬ死ぬと自分を自死に追い込んでいるようには感じられない。自分のことは自分で決めると坦々と自死を予告しているだけだ。

 西部邁は、自身を大多数からは理解されない真正保守と位置づけ、自身が奇矯な人物と見なされているように述べている。確かに一見奇矯に見える発言もあるが、実は極めて常識的・合理的でまっとうな考えの人に思える。個人と公共のバランス重視、 民主政が衆愚政治に陥る危険、熱狂への警戒、近代合理主義批判、人間の全体性回復などは非常識ではなく常識である。ただし、論理の究極が逆説に漂着することもあり得る。

 西部邁が私のような一般人と異なっているのは、妙に頭がよすぎるところだ。理数的な理解力をベースに社会科学全般を渉猟し、どの学問もが半端なものだと見抜き、それらを統合する大思想を紡ぎたいと夢見たようだ。壮大な視点からは、人が安易には操作できるはずもない社会の複雑さを理解しようとしない大多数の人間が愚か者に見えたのだろう。

 『保守の真髄』のオビには「大思想家・ニシベ」とある。漢字でなくカタカナになっているのが愛嬌で、多少の悲哀も感じる。

 それにしても、この本の最終章「人工死に瀕するほかない状況で病院死と自裁死のいずれをとるか」は身につまされた。