井上ひさしの初期作品『日本人のへそ』を観た2021年03月25日

 紀伊国屋サザンシアターでこまつ座の井上ひさし芝居『日本人のへそ』(演出:栗山民也、出演:井上芳雄、小池栄子、山西惇、朝海ひかる、他)を観た。

 戯曲は読んでいるが舞台を観るのは初めてである。2時間弱の第一幕と1時間弱の第二幕という構成で、第一幕は合唱が多い音楽劇で突然の事件で幕となる。第二幕に合唱はないがギャグが頻発し、事件の解決編という趣からどんでん返しを繰り返す。

 当然ながら、舞台を観ると戯曲を読んだだけではわからない面白さを感得できる。この芝居には、井上ひさしが抱いていたさまざまな「想い」と「仕掛け」が過剰に詰め込まれている。「騙す」や「演ずる」を多層化・相対化して「真実」と等価と思わせてしまうエネルギーを感じた。真実を明らかにするためのどんでん返しではなく、どんでん返しを自己目的化してもいいではないかという居直りも感じる。

 『日本人のへそ』の初演は1969年2月、あの『表裏源内蛙合戦』より早い。当時大学生だった私は、唐十郎の状況劇場に魅せられ、紅テントに通いながらアングラ系の芝居を観ていた。『表裏源内蛙合戦』という新劇ともアングラとも違う芝居が登場したと聞き、戯曲は読んだもののさほど食指は動かず、舞台を観たのは後年である。

 1969年当時、大学生の私が『日本人のへそ』を観ていたらどう感じただろうと想像してみた。多少の違和感を抱きつつも、面白いとは思っただろう。共感したか反発したか黙殺したか、70歳を過ぎたいまでは何ともわからない。この芝居に1969年頃のアレコレが反映されているのは確かだが…

劇団青い鳥の『普通の人々』を観て「ゴス・ロリ」を知った2021年02月12日

 下北沢の「劇」小劇場で劇団青い鳥の公演『普通の人々』(作:天衣織女、演出:芹川藍、出演:天衣織女、天光眞弓、葛西佐紀)を観た。劇場に足を運ぶのは昨年8月の『大地 Social distancing Version』(パルコ劇場)以来である。

 今回の『普通の人々』は昨年3月に予定していたのを11カ月延期した公演である。昨年は多くの芝居が中止になり、私も何枚かのチケットの払い戻し手続きをした。昨年3月の『普通の人々』は中止ではなく延期にするとの連絡があり、払い戻し手続きをせず、約1年ぶりに無事観劇できた。

 女性だけの劇団青い鳥の舞台は何度か観てきた。日常のちょっと先にある不思議世界を垣間見せる舞台が多かったように思う。『普通の人々』は短編集のような作品で、プロローグ+5話で構成されている。各編の登場人物は二人、3人の女優が入れ替わり立ち替わり役柄を変え、衣装とメイクも即興で変え、切れ目なく5つの世界を紡いでいく。最終話のラスト部分では登場人物が3人になり、そのままカーテンコールとなる。

 私には第1話の『ゴス・ロリに祈る』と第2話の『サラサラ』が面白かった。

 ゴス・ロリという言葉をこの作品で初めて知った。「ゴシック&ロリータ」の略で、怖くてかわいいストリート・ファッションだそうだ。『ゴス・ロリに祈る』は、中年男が老いた父親の交際相手の女性を喫茶店に呼び出して会話を交わす。その女性が黒衣のゴス・ロリで現れる。会話のおかしな展開が面白い。

 『サラサラ』は関係が冷えた老夫婦によるブラック・コメディ会話劇で、女性の怖さと強さが浮かび上がる。

井上ひさしは律義な劇作家だったと思う2020年12月05日

 世田谷文学館で開催中の井上ひさし展を、終了前日の本日かけこみで観た。入口に人がいて、消毒・検温・記帳(氏名・連絡先・入館時間)があり、あらためて非常時を感じた。考えてみれば、コロナ禍になって博物館や美術館などに行くのは初めてである(芝居は1回だけ行った)。

 私は、さほど熱心な井上ひさしの読者ではないが、小説のいくつかは読んでいるし、芝居も何作か観ている。印象に残っている小説は「不忠臣蔵」「吉里吉里人」、芝居は「頭痛肩こり樋口一葉」「國語元年」である。大江健三郎、筒井康隆との鼎談『ユートピア探し 物語探し:文学の未来に向けて』も印象深い。

 展示を観て、井上ひさしは小説家以上に劇作家だったと、あらためて認識した。逝去後も芝居の上演が継続している数少ない劇作家の一人である。

 井上ひさしは遅筆で有名で、戯曲が間に合わずに開演が延期になることもあった。間に合ったとしてもギリギリのことが多く、役者泣かせだったそうだ。

 今回の展示で興味深かったのは、戯曲執筆中に机上に並べていた役者たちの「紙人形」である。三角柱を横にした簡単な紙細工に役者の写真を貼り、その脇に役名を書いている。役者名を併記しているものもある。この紙人形を机上に並べて戯曲の構想を練り、科白を紡ぎ出していたようだ。

 これらの紙人形を眺めていると、締め切りが迫るなか、紙人形を動かしながら台本制作に呻吟する劇作家の姿が目に浮かぶ。紙人形の役者たちから受けるプレッシャーが活力になったのかもしれないが、息が詰まりそうにも思える。

 展示物には生原稿をはじめメモなども多い。その筆跡の読みやすさに驚いた。走り書きではなく、丁寧にメモしているように見える。律義な人だったと思う。

コロナ時代の芝居はどんな具合か、確認したくて……2020年08月01日

 新コロナ感染者が拡大している本日(2020.8.1)、やや後ろめたく思いつつ、パルコ劇場で上演中の『大地』(作・演出:三谷幸喜、出演:大泉洋、山本耕史、他)を観た。
 
 この芝居、Social distancing Version と謳い、コロナ対策に万全を期していると報道されている。演劇には大逆風のこの時代に上演される芝居がどんなものか、それを目撃するチャンスはいましかない、と思ったのである。家族の制止を振り切って土曜日の渋谷に出かけた。

 劇場に足を運ぶのは、2月24日に国立小劇場で文楽を観て以来、約半年ぶりである。3月から5月にかけて4回の観劇(『タルチェフ/無名塾/サンシャイン劇場』『三月大歌舞伎・昼の部・夜の部/歌舞伎座』『普通の人々/劇団青い鳥/「劇」小劇場』『少女仮面/一糸座/ザ・スズナリ』)を予定していたが、すべてが公演中止になった。

 パルコ劇場は、入場時に靴底と手を消毒、検温もあった。ロビーに制服の看護師が二人待機しているのは、少し芝居がかっている。座席は一人おきの半分である。前後左右に人がいないと、隣の席に荷物を置くことができ、ゆったりした気分で観劇できる。

 もちろん観客はマスク着用だが、役者はマスクなどは着けてない。ソーシャル・ディスタンスを意識した演出になっているらしいが、不自然さは感じなかった。不自然がむしろ自然に見えるのが芝居である。

 三谷幸喜の芝居を観るのは初めてだ。不思議な設定の芝居である。ある独裁国家の収容所に入れられた役者たちの話で、コメディの要素も盛り込まれているが、苦い味もある。意外にオーソドックスな構えの芝居だと思った。

 冒頭とラストで、三谷幸喜のアナウンスが流れる。カーテン・コールが一通り終わった終演時のアナウンスは「これ以上拍手をしても役者は出て来ません。観客のみなさんは速やかに帰ってください」という主旨で、確かに Social distancing Version だと感じた。

文楽公演で人形も「飛び六方」を踏むと知った2020年02月25日

 国立劇場小劇場で久々に文楽を観た。今月は三部制になっていて、観たのは第三部の次の二つの演目である。

 傾城恋飛脚
 鳴響安宅新関

 『傾城恋飛脚』は飛脚宿の養子忠兵衛が遊女梅川を身受けするために公金を横領して逃走する話である。

 3年前に同じ劇場で文楽の『冥途の飛脚』を観ているし、歌舞伎でも同じ演目を観たことがある。台本は近松門左衛門の『恋飛脚大和往来』である。『傾城恋飛脚』は近松門左衛門の作品を別の作者が改作したものだそうだ。実話ベースのエンタメにいろいろなバージョンがあるのはわかるが、以前の台本を「改作」するというおおらかさに演劇の基層のしたたかな強さを感じる。

 今回の『傾城恋飛脚』は『新口村の段』というやや地味な場面で、心情の機微を表現する話である。毎度のことながら、人形を使ってそんな芝居をするのに感心する。

 『鳴響安宅新関』はいわゆる『勧進帳』である。歌舞伎で観たことはあるが、文楽で観るのは初めてである。この芝居では太夫の語りに圧倒された。歌舞伎では「語り手」だが文楽では「演者」だと実感した。

 また、幕切れで人形の「飛び六方」があるのにも驚いた。花道のある歌舞伎では「飛び六方」が見せ場だが、花道のない文楽でも人形が立派に「飛び六方」を踏んでいた。

本物の元宝塚スターが春日野を演じる『少女仮面』2020年02月20日

 先月、シアタートラムで『少女仮面』(作:唐十郎、演出:杉原邦生、主演:若村麻由美)を観たのに続いて、中野のテアトルBONBONという小さな劇場でmetro第12回公演『少女仮面』(作:唐十郎、演出:天願大介、主演:月舟さらら)を観た。上演後にはトークショーもあった。

 シアタートラムの『少女仮面』はかなりモダンでパステルカラー風だったが、今回の舞台は紅テントのような泥絵の具風でもなく、あえて言えば薄塗りの油絵のような趣だった。アングラ風に近い。

 主演の月舟さららは宝塚で10年間男役スターとして活躍して2005年に退団した女優だそうだ。本物の元宝塚スターが『少女仮面』の春日野八千代を演ずるのだから、まさに適役である。劇団唐組を率いる久保井研も腹話術師として出演している。かつては唐十郎が演じた「少女フレンドを抱えた老婆」を演じた村中玲子の冒頭の唄と「何よりも、肉体を!」で終わる科白に往年のアングラの空気を感じた。

 なぜかチラシが制服少女姿なので、どんな演出なのだろうとヒヤヒヤしたが、チラシはあくまでイメージ写真で、舞台にこんなシーンはない。変な言い方になるが、オーソドックスなアングラ風なので安心して楽しめた。

 上演後のトークショーで、元宝塚の月舟さららが、退団後にこの戯曲を読んで、なぜこんなに宝塚スターのことがわかるのだろうと驚いたと語ったのに驚いた。宝塚の大スターが観客によって肉体を失われ「私の肉体を返してくれ」と叫ぶ姿に月舟さららが共感したのである。そんな「読み」があるのかと新鮮だった。演出の天願大介が「月舟さんの言う肉体と唐さんの言う肉体は、おそらく違うものだと思う」と語ったことに私も同意する。でも、唐十郎の「特権的肉体論」の意外な拡散を面白く感じた。

全共闘テーマの『飛龍伝2020』を観た2020年02月09日

 新国立劇場中劇場で『飛龍伝2020』(作:つかこうへい、演出:岡村俊一、出演:菅井友香、石田明、味方良介、他)を観た。

 主演の菅井友香は欅坂46のメンバーだそうで、観客に若い男性客が多いのが新鮮だった。AKB48も乃木坂46も欅坂46も区別がつかない私のような高齢者には場違いかと感じた。だが、私のような高齢者もチラチラ見かけ、不思議な客層だった。

 10年前に62歳で亡くなったつかこうへいは私と同い年である。若いときから活躍して一世を風靡した劇作家・演出家で、同世代のヒーローと言える。だが、私はつかこうへいに同世代意識を感じることはあまりなく、その芝居もさほど観ていない。遠い昔に紀伊国屋ホールで『熱海殺人事件』と『ストリッパー物語』を観ただけである。

 つかこうへいの芝居に才気や面白さを感じたが、私が観たい同世代芝居とは少しズレていると思った。それは同世代へのないものねだりの感情である。つかこうへいは甘い世代意識を突き放した作家だったと思う。

 『飛龍伝』の舞台を観るのは初めてだが、かなり昔に戯曲か小説かで『飛龍伝』を読んだ記憶がある。富田靖子が主演した直後のような気がする。何ともヘンテコなザラついた印象が残った。

 今回観た『飛龍伝2020』は2020年バージョンだが、全共闘テーマという骨格は元と同じである。われわれの世代が学生時代にさまざまな形で体験した全共闘を正面から扱っている。正面から扱うことでパロディにしている。要は茶化しているのだが、茶化しながらも何かを伝えようとしている。「全国40万の全共闘が…」「世界革命を…」など威勢のいい血沸き肉躍る言葉(空語)が舞台を飛び交う。革命のお伽噺のようなこの世界をどうとらえるのかとまどってしまう。

 このパロディ世界に、わが同世代作家の多様な屈折が織り込まれているのは確かである。「革命」の指導者が官房長官となって「桜を見る会」を仕切っているという展開はエンタメに近い(全共闘出身の官房長長官や大臣がいたのは事実ではあるが…)。キレのある集団ダンスやシュプレヒコールにメロドラマのあざとさを挟み、決戦としての「革命」を謳いあげる。ノンストップの目まぐるしい舞台はカーニバルにも見える。若い観客たちは、この舞台に何を感じるのだろうか。ちょっと気になる。

 蛇足だが、舞台で「安保・反対/闘争・勝利」と叫ぶのに違和感がある。「安保・反対」は1960年であり、60年代末の全共闘は「安保・粉砕/闘争・勝利」でなければ雰囲気が出ない。パンフレットに収録されたつかこうへいの文章にも「安保」「粉砕ですよね」のセリフがある。手元にに戯曲がないのでよくわからないが、あえて「安保・粉砕」でなく「安保・反対」にしたのだろうか。

2020年版の『少女仮面』は新鮮だった2020年01月27日

 三軒茶屋のシアタートラムで『少女仮面』(作:唐十郎、演出:杉原邦生、主演:若村麻由美)を観た。

 初演1969年のアングラ劇『少女仮面』が今年前半に異なる劇団で3本上演されることを知ったのは昨年11月で、その驚きをブログに書いた。

 そして、この機会に3本を見比べたいと思った。その第1弾が今回の観劇である。二つ目は来月(2月)上演で、すでにチケットをゲットした。5月の「糸あやつり人形一糸座」の公演はまだチケット発売前である。

 かつて私が観た『少女仮面』は1982年の小林勝也演出、渡辺えり子主演の舞台で、初演の早稲田小劇場(演出:鈴木忠志)や状況劇場(演出:唐十郎)の舞台は観ていない。にもかかわらず、私の頭の中には紅テントで李礼仙、麿赤児、唐十郎らが『少女仮面』を演じている姿が浮かんでいる。同時代的に戯曲を読み、LPレコードでこの芝居の挿入歌(セリフ入り)「時はゆくゆく」をくりかえし聞いたせいだと思う。

 杉原邦生演出の今回の舞台は、私の頭の中の紅テントの舞台(偽の記憶なのだが)とはかなり違っていて、新鮮だった。1960年代の芝居ではなく2020年の芝居だと感じた。

 演出が違うのは当然だが、役者の雰囲気がまったく違う。暗黒舞踏的、土俗的ものが洗い流され、スマートでカッコよくなっているのだ。泥絵の具の絵画がパステルカラーでよみがえったような趣である。それでも芝居は成り立っている。

 あの印象的な挿入歌「時はゆくゆく乙女が婆アに、それでも時がゆくならば、婆アは乙女になるかしら…」の歌い方もずいぶん変わっていて、伴奏に三味線が入る。昔のギターよりも現代の三味線の方が現代的に聞こえるのが不思議である。この歌に続く衒学的魔術的セリフが省略されていたのは残念だ。

 久々に『少女仮面』を観て、腹話術師と人形が入れ替わってしまう挿話が劇全体のメタファになっている秀逸な構造をあらためて強く感じた。それを浮かびあがらせる演出だったのかもしれない。

ほろ酔い気分にさせる「初春大歌舞伎」2020年01月23日

 歌舞伎座で「初春大歌舞伎」を観た。昼の部と夜の部のチケットをゲットし、通しで観るつもりだったが、夜の部が高校の同期会とバッティングした。観劇を優先しようとも思ったが、同期会は2年に一回の開催で、みな今年72歳になる。2年後に生きているかどうかわからないので、夜の部の3演目の1番目だけを観て途中退席し、同期会に遅刻参加した。

 観たのは次の5演目になる。

  醍醐の花見
  奥州安達原 袖萩祭文
  素襖落
  河内山
  義経腰越状

 最初の演目は『醍醐の花見』。正月と花見は季節が違ってもめでたい祝祭気分は共通している。1月も下旬に入り正月気分は消えつつあるが、歌舞伎座にはめでたい空気が流れている。

 今回の演目では、酒好きが酒を美味そうに飲む場面が印象に残った。素襖落では中村吉右衛門が酔っ払い、義経腰越状では松本白鸚が酔っ払らう。重鎮の白鸚、吉右衛門の兄弟がそろって酔態を演じるのに正月を感じた。

 その酔態を東銀座の歌舞伎座で観てから吉祥寺に移動し、同期会の宴席に参加した。舞台から受容したほろ酔い気分を持続したままの参加は心地よく、酒量がすこし増えたかもしれない。

 飲酒の伝染は、私が観た最後の演目・義経腰越状でコミカルに演じられていた。それをそのまま受け継いだ吾輩も単純である。

来春『少女仮面』3本上演……唐十郎は古典か2019年11月13日

 来春、唐十郎の『少女仮面』が3本上演される

 (1)演出:杉原邦生/トライストーン/シアタートラム(1/24~2/9)
 (2)演出:天顔大介/metro/テアトルBONBON(2/19~2/24)
 (3)演出:天野天街/糸あやつり人形一糸座/ザ・スズナリ(5/27~5/31)

 紅テントの状況劇場がアングラの華だったのは約半世紀前、私が大学生の頃だった。唐十郎の作品は今も上演されることが多く、そのいくつかには足を運んでいるが『少女仮面』が異なる劇団で相次いで3本上演されるのには驚いた。(3)は人形芝居のようだが演出の天野天街は少年王者館の主宰者、只の人形芝居とは思えない。

 唐十郎の作品はアングラのまま古典になったように思える。『少女仮面』が岸田戯曲賞を受賞した1970年には、こんな時代が来るとは予想もしなかった。

 『少女仮面』は唐十郎が早稲田小劇場のために書き下ろした戯曲で、後に状況劇場でも上演したが私は観ていない。だが、岸田戯曲賞受賞直後に出版された戯曲は購入して読んだ。この本には舞台写真が載っていて扉の白石加代子が強烈だった。実際に舞台を観たのは1981年のパルコ劇場での公演で主演は渡辺えり子だった。

 唐十郎が「新劇」の賞である岸田戯曲賞を受賞したのは「事件」だった。その頃の様子を朝日新聞の演劇担当記者だった扇田昭彦氏が書いている(『新劇』1970年4月号)。その記事によれば、岸田戯曲賞が『少女仮面』と知った夜、芥川比呂志は宇野重吉に2回にわたって憤慨の電話をかけ、宇野重吉もその「憤慨」に同意していたそうだ。

 それから半世紀、『少女仮面』連続上演を草葉の陰から眺めて、かつての新劇の大御所たちはまだ憤慨しているだろうか。