畑荒らしの犯人は動物ではなく人間2019年08月07日

 八ヶ岳の山小屋の庭でささやかな野菜作りを始めて10年になる。最近は訪問の頻度も減り、畑を縮小しつつある。今年はダイコンとインゲンだけを植えた。

 7月中旬にはインゲンを収穫した。ダイコンの根はまだ4センチぐらいだったので収穫は次回に持ち越した。

 少し時間が経ち過ぎたが昨日(8月6日)、日帰りで収穫に行った。おどろいたことに20本(2畝)植えたダイコンは、発育不全の2本を残してすべて抜かれていた。ダイコンが動物に齧られたことはあるが、これは明らかに人間の仕業である。暗然とした。

 野菜とは別にブルーベリーを7本植えているが、これも人間にやられたようだ。7月は上旬と中旬の2回山小屋に行った。上旬のときはブルーベリーの果実はまだ青く、わずかに20粒ほどを試食しただけだった。7月中旬にブルーベリー収穫を期待して行ったとき、一粒も収穫できず不思議な気がした。動物被害にしては周辺が散らかっていないので、かすかに人間を疑った。今回のダイコンでブルーベリーも人間の仕業だと確信した。ブルーベリーの収穫は今回もゼロである。

 おそらく、インゲンもやられている。前回のインゲン収穫の際、そこそこに収穫できたものの、大きくなり過ぎたものがなく収穫量も思ったほどではなかった。天候不順のせいと思っていたが、盗まれていたに違いない。

 野菜作りを始めて10年、数多の動物被害にあってきたが、人間にやられたのは初めてである。相手が動物と人間では腹の立ちようがまったく異なる。動物に対しては多少のファイトもわくが、人間に盗まれたとなると、怒りが倍化すると同時に気分が沈んでしまう。

ダイコンの葉が動物にかじられた2018年12月02日

 八ヶ岳南麓の山小屋にダイコンの収穫に行った。9月上旬にタネまきをして、その3週間後に間引きと追肥しただけの手抜き農作業である。それでも昨年までは結構大きなダイコンが大量に収穫でき、隣近所にも配った。しかし、今年はダメだった。

 山小屋に到着して畑を眺めると緑が少ない。例年、ダイコンの収穫時期にはダイコンの葉が大きく繁茂して地面が見えないほどだが、今年はスカスカである。よく見ると、ほとんどの葉が根元近くで千切られている。動物にかじられたようだ。

 これまで、トウモロコシ、ジャガイモ、カボチャなどが動物被害にあってきた。だが、ダイコンは無事だったので何の警戒もしていなかった。葉をかじられたダイコンは成長も悪く、細くて短い。発育不全は間引きの時期が遅れたせいもあるかもしれないが、葉を千切られたのが主因に違いない。

 憎き動物であるが、その正体がつかめない。ネットで調べてもダイコンの葉がかじられる動物被害の情報は少ない。状況から察するに、シカやイノシシのような大型動物ではなく、鳥でもない。小動物のようだ。野ウサギか、ハクビシンか、イタチか、よくわからない。昨年まで無事で今年はじめて被害にあった理由もよくわからない。手抜き農作業もそろそろ潮時かもしれない。

雑草と格闘してダイコンを植えた2018年09月10日

 八ヶ岳南麓の山小屋に1カ月半ぶりに行った。今年の夏はバタバタしていて8月は一度も山小屋に行けなかった。

 覚悟はしていたものの、小屋の回りや畑は繁茂した雑草におおわれていた。小屋のドアにたどり着くにも雑草をかき分けねばならない。畑のインゲンは大きくなりすぎていて食べられそうにない。キュウリは枯れ果てていた。ジャガイモを収穫した跡地にはびっしりと雑草が生い茂っている。

 野菜作りは縮小するつもりではあるが、ついホームセンターでダイコンの種を買ってしまっていたので、それを何とかしなければならない。ダイコンはジャガイモの跡地に植えるつもりである。昨年は 8月中旬と下旬の2回にわけてダイコンを植えたが、今年はすでに9月、ダイコンを植えるには寒冷地ではギリギリの時期である。

 雑草だらけのジャガイモ跡地を目にして心が萎えそうになった。しかし、せっかく買ったダイコンの種を捨てるのはもったいない。意を決してダイコンを植えることにした。

 雑草除去にとりかかったのが午後1時半頃、ひたすら雑草と格闘した後、畑を耕し、畝を作り施肥する。ダイコンの植え付けを完了したのは午後6時前だった。われながら、半日よく働いたと思う。足はふらふらで腰が痛い。

カボチャとキュウリが動物に齧られた2018年07月23日

 八ヶ岳山麓の山小屋で気儘な手抜き野菜作りを始めて8年経った。友人からもらったインゲンの種を植えたのがきっかけで、その後、野菜の種類を増やしてきた。だが、今年から畑を縮小しつつある。

 手抜きと言っても月2回ぐらいは行かなければならないが、近ごろはその日程調整が億劫になってきた。飽きてきたのである。隣家の犬がいなくなってからは動物被害にあうことも多く、その対策も面倒である。

 今年は動物被害の危険性が高く収穫時期も限られているトウモロコシはやめて、ジャガイモ、インゲン、キュウリ、カボチャに絞った。ジャガイモは一度イノシシにやられたが、場所を選んでからは被害にあっていない。今年もすでに収穫を終えた。

 インゲン、キュウリ、カボチャはこれまで動物被害にあっていない。だが、昨日、10日ぶりに山小屋へ行ってみるとカボチャとキュウリが齧られていた。

 キュウリは半分に切られ、切れ端が畑に転がっていた。カボチャは最も大きく育った2個の表面がザックリと齧り取られていた。犯人はわからない。ハクビシンでないかと推測している。

 カボチャは齧られた部分を切り落とせば食べられそうにも思えたが、やはり気持ち悪いので丸ごと廃棄することにした。残念である。

 動物被害を理由に、来年は畑をさらに縮小することになりそうな予感がする。

野菜高騰のニュースに安堵2017年08月24日

 今年の7月は猛暑だったが8月は雨の日が続いた。天候不順で野菜が高騰しているそうだ。そんなニュースに接すると、多くの人は不安を感じるだろうが、私は不謹慎ながら不安ではなく安堵感を得た。

 もちろん私も野菜の高騰は歓迎しない。新鮮な安い野菜が豊富に市場に出まわることを期待している。にもかかわらず野菜高騰に安堵したのは、わがささやかな畑の作物が例年になく不作で、手抜き農作業の報いかと思い悩んでいたからだ。天候に責任転嫁できるなら、まずは一安心である。

 八ヶ岳南麓の山小屋の庭で野菜を作り始めて8年目になる。月1~2回しか行けないので、ダメモト気分で始めた。毎年そこそこに収穫できていたので、こんなものかと慢心していたのだが、今年は大半の作物が不作だった。

 7月中旬に収穫したジャガイモはまずまずだったが、カボチャやナスはイマイチで、インゲンは収穫量が減った。トウモロコシの大半は実が十分につかず、キュウリは枯れてしまった

 不作を認識したときは、土のせいだろうかと考えた。連作障害を避けるため、毎年植える場所を変えてはいるが、教科書では「2~3年は避ける」とあるのに1年おくだけで植えたりしている。ヤリクリがつかず面倒くさいからだ。施肥もかなりいいかげんだ。だから、来年は少し慎重に土壌改良を検討しなければならないかと考え、ちょっとうんざりしていた。だが、天候のせいならば手抜き農作業を継続できそうだ。

 そんなわけで、先日、キュウリとトウモロコシをすべて抜いて、その跡地に適当に施肥してダイコンの種を植えた。

雑草対策に挑んだが…2016年11月02日

 八ヶ岳南麓の山小屋の庭の空き地にブルーベリーを7本植えている。ブルーベリーは冬を越す前に根の周辺を木材チップで覆う。根の活動促進のための有機材マルチである。昨年まいた木材チップはかなり減少しているので追加しなければならない。

 ブルーベリーを植えている場所は元・雑草地帯なので、抜いても抜いてもすぐに雑草が生えてくる。そこで、今年は有機マルチ追加のついでに雑草対策もしようと思った。根元周辺以外の部分に防草シートを敷き、その上に木材チップをまくことにしたのだ。

 ということで、通販で購入した防草シートと木材チップを車に積み込み、先日、山小屋へ行き一仕事してきた。

 地面の雑草を根こそぎにして整地し、防草シートを敷くのは結構大変な作業だった。地面がいかに平らでないかを痛感した。

 そして、おのれの計画の杜撰さを思い知った。防草シートも木材チップも足らなくなったのだ。およその目分量で準備した材料は、実際に必要な量の半分ぐらいしかなかった。事前にきちんと計算するという当然の手順を踏まなかったことを反省した。

 材料を買い足して、近いうちにまた行かなければならない。

今年もまたトウモロコシを囓られた2016年08月03日

 八ヶ岳南麓の山小屋のささやかな畑で育てていたトウモロコシが今年も動物被害にあった。10日ほど前にジャガイモは無事に収穫でき、その時はトウモロコシは無事だった。しかし昨日、トウモロコシの収穫に行ったら数本が倒され、実が囓られていた。

 昨年、かなりの量のトウモロコシの実が囓られ、被害状況からハクビシンの仕業と判断し、まだ囓られていない実を新聞紙で巻いた。それで被害の拡大は抑えられた。

 今年は「ハクビシンなぜ逃げる」という名称の動物忌避剤を購入し、それをフェンスに吊して防御した。これで何とかなりそうだと期待していたが、楽観は裏切られた。

 昨年は立ったままの状態で実を囓られていた。今年は倒されている。ハクビシンではなく、タヌキなど他の動物の可能性もあるが、やはりハクビシンだろうと勝手に推測している。今年のトプモロコシの生育状況はイマイチで倒しやすそうに思えるし、ハクビシンにも大きいのや小さいのがいるはずだ。

 何よりも「ハクビシンなぜ逃げる」を吊した近くは被害がなく、そこから最も離れた場所が被害にあっているのだ。よく考えれば、トウモロコシの畝を囲むように動物忌避剤を吊すべきだったが、フェンス側にのみ吊し、その反対のフェンスの「内側」は無防備だったのだ。「内側」という概念は私の勝手な考えで、身軽なハクビシンにとっては「外側」も「内側」もあるわけがない。己の浅はかな頭の固さを呪うしかない。

 そんなわけで、今年もまた、まだ囓られていない残りの実を新聞紙で巻いて様子を見ることにした。

 とは言え、囓られたのは一部で、今回は約10本を収穫できた。それをわが木彫作品と並べて撮影することもできた。

ジャガイモOK --- 動物撃退成功か?2016年07月20日

◎ウルフピーの効果か?

 八ヶ岳南麓の山小屋の庭のささやかな畑が収穫期を迎え、昨日はインゲン、キュウリ、ジャガイモ、ブルーベリーを収穫した。

 昨年大半をイノシシに荒らされたジャガイモも今年は無事だった。イノシシ対策として、センサーライトを設置し、さらにウルフピーという動物忌避剤をフェンスに吊した。どちらが効果があったのかは分からない。

 ウルフピーとはオオカミの尿である。ネット検索でその存在を知り、通販で購入した。オオカミは日本にいないから輸入品だ。小さな穴のある容器にスポイトで小分けして使用する。

 私は、このウルフピーが効いたのではないかと考えている。以前、わが畑の隣家に犬のブリーダーが住んでいて、その頃は動物被害はなかった。何匹もいた犬は縄文時代の犬に近い特殊な犬種で、よく吠えていた。昼間は長いリードにつながれて屋外にいたが、高価な犬で盗難の恐れがあるため夜は屋内にいた。イノシシなどが出没する夜間、隣家の犬は屋内だったにもかかわらず、イノシシの被害はなかった。ということは、犬の臭いがイノシシを寄せ付けなかったと推定される。隣家の犬はオオカミに近い犬種とも言われていたので、オオカミの尿は効果がありそうに思えるのだ。

◎ハクビシンも撃退できるか?

 昨年はトウモロコシもハクビシンに囓られた。被害にあった時期は、実が大きくなりかかる今頃だ。ハクビシン対策についてもネット検索し、「ハクビシンなぜ逃げる」という直裁的な名称の動物忌避剤を購入し、これをフェンスにぶら下げた。成分は「天然植物エキス天然砂」とあり、よく分からないが、トウガラシのような強烈な臭いの粉が赤い不織布の袋に入っている。

 この動物忌避剤の効果は、収穫時期まで様子を見なければ分からない。

◎蜂の跋扈を許容

 イノシシ対策に設置したセンサーライトの近くに小さな蜂の巣ができ、数匹の蜂が舞っていた。蜂の巣はしょちゅうでき、発見するたびに除去しているが、今回は見逃すことにした。カボチャを植えているからである。

 野菜づくりのテキストによれば、カボチャには雄花と雌花があり、早朝に人工授粉せよと書いてある。花粉を媒介する昆虫類が多い場合は人工授粉の必要はないそうだ。わが畑は人間が常駐しているわけではないので、受粉は蜂たちにまかせるしかないと思い、蜂の巣を温存した。

イノシシ対策のセンサーライトを設置2016年05月09日

 5月8日、9日で八ヶ岳南麓の山小屋へ行き、畑仕事をしてきた。2週間前に植えたジャガイモは芽が出かかっているのが数本あるが、大半はまだ芽を出していない。

 昨年はジャガイモの大半をイノシシにやられた。今年はどうしたものかと思案し、ネットを検索していると、センサーライトが効果的との記事があった。

 昨年、イノシシ被害を免れた一部のジャガイモは山小屋の入口に近い場所に植えられていた。考えてみれば、そこはセンサーライトのカバーエリアだった。ちなみに、周辺に外灯などない山小屋では駐車スペースから入口までの間を照らすセンサーライトは必需品だ。

 イノシシ被害を免れたのは、イノシシが山小屋に近い場所を人間のテリトリーだと判断してくれたのではと、根拠のない身勝手な推測をしていたのだが、センサーライトのおかげだったのかもしれない。

 今年ジャガイモを植えた場所は山小屋側ではあるが、入口とは反対側なのでセンサーライトのカバーエリアではない。そこで、新たにセンサーライトを設置しようと考えた。その設置場所は電源から遠いので配線が面倒だなあと思いながらホームセンターのセンサーライト売場に行った。すると、乾電池で作動する製品があったので、迷わず購入した。

 ということで、今回はタネまきや畝作りなどの畑仕事に加えて乾電池式センサーライト設置の作業をした。作業というほどの手間ではなく1~2分で設置できた。夜になって試してみると、畑への侵入者に反応して点灯する。乾電池で点灯するLEDで、入口のセンサーライトに比べると光の強さはかなり劣る。

 はたして、この新兵器が効果を発揮するか否か。およそ2カ月先の収穫期には答が出る。

久々の畑仕事2016年04月26日

 4月22日から24日まで八ヶ岳南麓の山小屋で農作業をしてきた。久々に行ったので、畑には雑草がかなり生えてきていて、その除去作業が大変だった。

 昨年はジャガイモがイノシシに掘り返され、トウモロコシはハクビシンに齧られた。これら動物被害への適切な対策も思いつかぬまま、昨年と同じような野菜作りをすることにした。無為無策の成り行きまかせだ。

 今回の農作業では、ジガイモを植え付け、インゲンとトウモトシは半分だけ(それぞれ1畝ずつ)種を植えた。残りの半分は5月上旬に植える予定だ。その方が長い期間にわたって収穫できると考えたからである。

 昨年ジガイモを植えたのは4月上旬だったが、今年はウカウカしていて植え付ける時期が少し遅くなった。寒冷地だから問題はないと思う。連作障害を避けるため、ジャガイモの植え付け場所は山小屋側にした。昨年は山小屋から遠いフェンス側に植えたジャガイモがイノシシにやられた。今年は山小屋側なのでイノシシが遠慮してくれるのではないかと、根拠の薄い期待を抱いている。