台湾から与那国島への「3万年前の航海」報告会見を聞いた2019年07月18日

 日本記者クラブで「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」報告会見があった。プロジェクト代表の海部陽介・国立科学博物館人類史研究グループ長と二人の漕ぎ手(原康司キャプテンと田中道子さん)が会見した。

 旧石器時代にわれわれの先祖が大陸から海を渡って来たことを「沖縄ルート」で実証するプロジェクトで、今月上旬、手漕ぎの丸木舟による台湾から与那国島への航海が成功した。

 私は1年前、このプロジェクトの「漕ぎ手募集説明会」のチラシを図書館で見かけた時から興味を抱いていた。だから、成功のニュースにはひときわ感動した。

 今回の会見で航海の詳細を聞き、あらためてこのプロジェクトの意義を理解し、3万年前の技術だけによる公開の難しさを知った。航海時間は30時間から40時間の見込みだったが実際には45時間かかったそうだ。

 3万年前、台湾は大陸の一部だった。当時も今も黒潮が流れていて、昔の潮流も推測でき、漂流では台湾から沖縄の諸島に流れ着くことができないと実証されている。だから、太古の人は己の意思で海を渡ったと推測される。

 与那国島と台湾の距離は100キロ、天候がよければ与那国島から台湾は見える。台湾の標高は与那国島に比べてはるかに高い。台湾から与那国島は見えないとも言われていたが、海部氏は現地調査し、海岸からは見えなくても高い山からは与那国島が見えることを確認したそうだ。

 与那国島は台湾の東方100キロにあるが、今回の航海の距離は225キロである。黒潮の流れを想定して南方から北東に向かう航海になるからである。それは地図を観て理解していたが、漕ぎ手たちは北東ではなく東南東に向かって漕いだと知って驚いた。潮の流れとの格闘であり、潮に乗る制御なのである。

 地球は丸いから海上から与那国島が見えるのは50キロ圏内に入ってからである。当然、出発地から島は見えない。それでも3万年前の人類は島を目指して海に漕ぎ出して行ったのである。その動機が何だったのはわからないが、探求心だったと思いたい。

日本の「貧者のサイクル」に古代ローマの奴隷制を連想2019年03月20日

 昨日の日経新聞1面トップの「賃金水準 世界に劣後」という記事は衝撃的だった。

 日本の時給は過去20年間で9%減少し、最低賃金は台湾や韓国より低くなっているそうだ。格差拡大で時給ベースで働く人の賃金が伸び悩んでいるとは聞いてはいたが、ここまで悪化しているとは知らなかった。

 コンビニや外食チェーンなどでは留学生アルバイトとおぼしき外国人を多く見かけるが、日本の賃金が外国人労働者を惹きつける時代は終わりつつあるのだろうか。

 この記事によれば、低賃金が持続しているため、そのような仕事の生産性が向上せず、付加価値の高い仕事への転換も遅れて「貧者のサイクル」ができているという。

 日本の生産性について次のような記述もある。

 「なぜ生産性が上がらないのか。逆説的だが、日本の企業が賃上げに慎重な姿勢を続けてきたことが生産性の低迷を招いたとの見方がある」

 これを読んで、本村凌二氏の『教養としてのローマ史の読み方』のなかの一節を想起した。ローマの奴隷制度がイノベーションの遅れを招いたとの指摘である。蒸気機関の原理は古代ローマの時代にすでに知られていたが、それが産業革命につながらなかったのは、奴隷労働への依存に自足していたためイノベーションへのインセンティブがなかったからである。それがローマの経済衰退の一因だという。

 現代日本がローマ衰退の後追いをすることがないよう、知力と胆力のある人材の輩出を期待するしかない。

日食を写真撮影2019年01月06日

 本日(2019年1月6日)午前の日食、東京都調布市は曇天だが雲の隙間から時折日がさし、何とか観察できた。

ネコ特集『週刊朝日』の売れ行き好調は目出度いが…2018年12月24日

 『週刊朝日』の先週号(2018.12.28号)は売り切れ店続出だそうだ。理由は「ネコ特集」、私には理解できない現象である。

 同誌のホームページに次のような紹介文が載っていた。

 「創刊95年超の歴史の中で、初めて表紙にネコを起用したのは昨年12月。発売初日から飛ぶように売れ、各地の書店で完売御礼となりました。読者のみなさんの熱いリクエストに応え、今年は「愛猫に食べさせたい自家製ごはん」「模様でわかるネコの性格診断」といった特集記事も盛りだくさん。さらに充実した誌面をつくりました。」

 ネコ特集は昨年に続いて2回目で、ネコを表紙に起用したのは95年の歴史の中で昨年が初めてとある。これを読んで、ハテナと思い、書棚の奥を探索すると、ネコが表紙の1982年の週刊朝日が出てきた。36年前にもネコを表紙に起用しているではないか。

 と言っても、1982年のネコ表紙は「パソコン特集」の増刊号であり、増刊号だから保存していたのだ。週刊朝日は翌1983年にも「パソコン特集」増刊号を出していて、その表紙もネコである。増刊号はカウント外なのか。

 こんなことを書いていると、重箱の隅をつつく小言幸兵衛の心地になり、自分がめっきり爺さんになった気がしてくる。

飛べないメジロ始末記2018年10月30日

 ベランダでカミさんが「キャー」と叫んだ。小鳥が死にそうになっているという。突然、空から落ちて来たそうだ。

 小さな鳥がわが家のベランダで仰向けになってピクピク動いている。そっと手で表向きにしたが、うずくまった姿勢でかすかに体を動かすだけだ。どうしていいかわからず、そのまま放置した。

 1時間ほど経って見に行くと、その場所にいない。あたりを見回すと、チョンチョンとベランダを歩き回っている。そのうち飛び立つだろうと期待した。

 しばらくたって見に行くと、その小鳥は仰向けになっていた。手で元に戻してやると、またチョンチョンと歩き出す。しばらく歩いて、羽根をはばたかせて飛ぼうとするとすってんとひっくり返って仰向けになる。そうなると自力では元に戻れないようだ。やっかいな小鳥である。

 よく観察すると、右の翼がはばたくだけで左の翼はまったく動かない。これではすぐには飛び去りそうにない。夕暮れも迫ってきた。仕方なくわが家で保護することにした。高さ15センチしか飛べないのだから鳥かごは必要ない。屋内のベビーバスに入れた。

 カミさんが図鑑で調べて、その小鳥はメジロだと判明した。わが家に鳥の飼育法の本はない。庄野潤三の『メジロの来る庭』という本はあるが、もちろん飼育教本ではない。ネットを検索すると、いろいろな情報が出てきた。メジロは捕獲や飼育が法律で禁止されているそうだ。にもかかわらず飼育法の記事もあるし、メジロの餌もいろいろ販売されている。

 ネットの情報をもとにミカンを与えるとよく食べる。とりあえず餌も注文した。ミカンをついばむ姿はかわいい。ベビーバスの中で落ち着いたメジロは無理にはばたこうとはせず、仰向けになることもない。

 通販で届いた餌はミカンに塗って与えた。しっかりミカンを食べるものの、いつになったら飛べるようになるかわからない。動物病院に連れていけばいいのだろうが、そもそも飼育禁止の動物である。

 メジロを保護して2日目、落ち着いて考えてみると、やっかいな小鳥である。餌は毎日与えねばならず、寿命は3~5年だという。メジロがいては旅行もできない。旅行中は人にあずけるとしても、違法行為に巻き込むことになる。

 どうしたものかと思案し、日本野鳥の会に相談しようと思いつき、そのホームページを見ると「よくある質問」に「けがをした鳥を保護したのですが、どうしたらよいでしょうか?」という項目があった。回答には、当面の緊急措置の解説に続いて「必ず各都道府県の野生鳥獣担当機関に連絡し、指示を仰いでください」とある。

 その回答に従って、東京都多摩環境事務所自然環境課鳥獣保護管理担当に電話を入れると、担当者が引き取りに来た。購入したばかりの餌も引き取ってくれた。引き取った野鳥は獣医の診断を受け、回復すれば保護した場所で放すそうである。

 飛べないメジロ一羽にもきちんと対応する行政にあらためて感心し、文明の力のようなものを感じた。わが家に3泊して引き取られて行ったメジロが回復して自然に還る日が来ることを祈っている。

遠い昔から海は道だった2018年07月11日

2018年7月11日の朝日新聞朝刊&赤坂図書館にあったチラシ
 数週間前、赤坂図書館に積んであったB6判の小さなチラシを手にし、その不思議な内容に惹かれた。「3万年前の航海:徹底再現プロジェクト 2019年実験航海に向けて」というタイトルで、実験航海のクルー(要は原始的ボートの漕ぎ手)を募集する説明会の案内だった。いったいこれは何だと思った。

 本日(2018年7月11日)の朝日新聞朝刊のオピニオン面に「祖先も非日常を楽しんだ?」という見出しの記事があり、その見出しに惹かれて読んでみると、あのチラシの「3万年前の航海」の話だった。

 人類進化学者・海部陽介氏(国立科学博物館)のインタビュー記事で、3万年以上前に海を越えてやってきた「日本列島人」に関する話だ。

 われわれ日本人のご先祖は旧石器時代に海の向こうからやって来た。そのルートは「対馬ルート」「沖縄ルート」「北海道ルート」の三つがあり、「沖縄ルート」が一番難しかったらしい。漂流ではなく明確な意思で漕いで渡ってきたと考えられるそうだ。

 そのルートを実際に再現するプロジェクトがスタートしていて、2019年には台湾から与那国島までの航海を当時の道具で再現するそうだ。記事には書いていなかったが、図書館にあったチラシによれば今週の土曜日(7月14日)に赤坂図書館のホールで説明会が開催される。台湾から与那国島までおよそ3日の航海になるらしい。

 私は70歳目前の高齢者で今週の土曜日は予定も入っている。もちろん、はなから私には無縁の話ではあるが、興味をそそられる。昨年、台湾旅行と与那国島旅行をし、台湾・与那国の航路への関心があるからだ。

 また、今年のシチリア旅行で古代ギリシアの植民都市を眺めたことも海の道への興味につながっている。ギリシア人が海をわたってイタリアやシチリアに植民都市を建設したのは2800年ぐらい前、3万年前に比べれば最近だ。

 ギリシア文明時代と旧石器時代では事情がかなり異なるだろうが、われわれ日本人も植民者の末裔と言えるのではないかと思えてくる。そう思うと人類にとって海は道だったということにあらためて圧倒される。

沖縄の秋は何月か?2018年05月05日

 この数年、年に3回ぐらい那覇に行き10日ほど過ごしている。1年のうち1カ月は沖縄暮らしだ。先月末、沖縄から帰京した。次回は9月に行く予定である。

 かなり以前から工事中の那覇・旭橋バスターミナル大改修はかなり進捗し、おおまかな全貌がブルーシート越しに見えてきた。看板には「那覇バスターミナルが生まれ変わります 2018年秋」とある。

 マンションの管理人に「次は秋の9月に来ます」と言うと「9月はまだ秋ではありません。沖縄の秋は11月ぐらいです」と言われた。次回訪問時にはバスターミナルが完成しているかと期待していたがダメかもしれない。

 工事現場の看板の「2018年秋」という表記は何月を示しているのだろうか。「秋」というアバウトな表現に、したたかなおおらかさを感じた。

木彫のサイドテーブル組み立てに苦闘2017年11月24日

塗装前の部品と完成品
◎彫りの後に試練

 木彫でアカンサス模様のサイドテーブルを作った。このサイドテーブルは天板1枚、脚板2枚、幕板2枚で出来ている。天板以外は同じ物が2枚ずつで模様は左右対称だ。だから木彫は同じ彫りを4回ずつくり返す職人作業だった。その作業の後に試練があった。

◎ダボ接続を覚悟

 彫った後は塗装と組み立てである。釘や木ネジを使えない形なので接着剤に頼ることになる。だが、負荷のかかるテーブルを接着剤だけで組み立てるのは心もとない。ダボを使うことにした。

 私はダボ用ドリルを持っていて、過去に何回か木製ダボを使った工作をしたことはある。その経験から、素人が箱モノをダボで接続することの難しさを知っている。ダボ穴の位置が少しでもズレたり、ダボ穴が斜めに空いたりすると、接続部に隙間ができたり、木材に過剰な負荷がかかって割れたりする。今回のサイドテーブル組み立てには細心の注意が必要だと覚悟した。

◎板が割れた

 塗装はとの粉で目止めしてから油性ニスを数回塗る。塗装作業で一番大変なのがとの粉落としだ。布、歯ブラシ、サンドペーパなどでとの粉を落とすと粉が宙を舞う。落とし残しがあると綺麗に塗装できない。当然、マスクでの作業だ。そのマスクもすぐに内側まで汚れてしまう。

 脚板のとの粉を落としているとき、表面の亀裂に気づいた。彫っているときにはなかった亀裂で、乾燥のせいのようだ。ボンドでその亀裂を修復しようと思い、ボンドを塗って亀裂をふさぐ方向に重しを乗せた。すると、脚板は真っ二つに割れてしまった。

◎板は反っていた

 割れた脚板はボンドで接着しなければならない。今度は慎重を期して、接着面を固定するのにゴム紐を何重にも掛けることにした。ゴム紐を用意するため、接着作業は翌日になった。その時点で、接着面がぴったり合わないことに気づいた。表面を合わせると裏面に少し隙間ができ、裏面を合わせると表面にすき間ができる。板が反っているのだ。

 もう一方の脚板や天板を確認すると、これもしっかり反っている。このままでは組み立て不能だ。

◎また反った

 割れた脚板の接着は、表面をぴったり合わせる状態で思いの外うまくいった。かなりしっかり接着できたのはゴム紐の威力だ。

 次は反りの修復である。との粉を塗った状態の天板と脚板の凹面側を水刷毛で湿らせ、凸面側を電気ストーブで温めた。すると1時間ほどで反りは元に戻った。水刷毛と電気ストーブの威力に驚くと同時に、木材は簡単に反るものだとあらめて認識した。

 反りが直り、との粉を落とした板に油性ニスを塗る。塗ったニスはすぐに布で拭き取って乾かす。この作業を4回ほどくり返すとほどよいツヤの仕上がりになった。

 塗装が完了した脚板や天板をよく見ると、また反っている。前回よりは少ない反りだが組み立てると隙間が出来てしまう。

◎反り返し

 塗装した板は水をはじき、水分を吸収しにくい。塗装した板の反りの修復はやっかいだと思い、前回とは方法を変えた。床にシートを敷き、その上に濡れたタオルを置き、板の凹面を下にして置く。その上に新聞紙とシートを敷き、同じように濡れタオルと別の板を凹面を下に置く。このように、天板と脚板2枚を塗れタオルでサンドイッチ重ねにし、その上に重し(約30冊の厚めの本)を置いた。

 この状態で1晩おけば反りも直ると思った。翌日は所用があり、重しを外したのは翌々日になった。驚いたことに、重しを外すと天板も脚板も反対方向に大きく反っていた。過ぎたるは及ばざるがごとし。水分を吸収し過ぎたのだ。木材は簡単に反るものだとの認識をさらに強くした。

◎やっと組み立て

 反対方向に反った板を元に戻すには凸面を電気ストーブで乾かせばいいだろうと考えた。2~3時間で戻るかと思っていたが約10時間かかった。反りが戻り過ぎるのを警戒して、板につきっきりの時間を過ごした。

 何とか平らになった板をすぐに組み立てることにした。板のまま放っておくとまた反るかもしれない。

 で、やっと細心の注意を要するダボの穴開けとダボ接続の作業に入った。かなり正確に穴を空けたつもりでも、やはり微妙に位置がずれて板と板はぴったりくっつかない。そこで、一方の穴はドリルで少し広げてアソビをもたせた。接続強度は多少落ちるかもしれないが仕方ない。ダボ穴にもボンドを入れるから何とかなるだろうと考えた。

 そんなあれやこれやでやっとサイドテーブルが完成した。乾燥や湿気でひび割れたり変形しないことを祈っている。

オランダのハイテク農業の記事を読み日本の出遅れを憂う2017年08月30日

 NATIONAL GEOGRAPHIC 日本語版2017年9月号に「オランダが救う世界の飢餓」という記事が載っていた。狭い国土でハイテク農業を展開しているオランダ農業の紹介記事だ。

 農地が少ないオランダはITなどのハイテクを駆使した植物工場によって、米国に次ぐ世界第2位の農産物輸出国になっている。それをテレビ番組で知ったのは5年程前だ。まさに日本の農業が目指すお手本だと興味をもち、関連記事や関連書籍を読んだ。その後もIT活用の植物工場のニュースには注目しているが、あまり報道されることはない。日本の植物工場の多くはコスト高の課題を考えているらしい。種物工場なら、今般の天候異変のような影響も受けにくいはずなのだが。

 私が植物工場に興味をもったのは、八ヶ岳南麓の山小屋の庭でささやかな素人野菜作りをしていることにも関連する。私は決して土いじりが好きなわけではなく、畑仕事は面倒で大変な作業だと実感している(だから手抜きにもなるのだ)。趣味を超えた産業としての野菜作りには技術革新が必要だと痛感している。

 これからの農業が先端産業になる可能性に着目している人は多く、さまざまな試みが展開されているのは確かだ。農政の制約のせいか否かはわからないが、日本の農業のハイテク化がオランダに匹敵するような状態にまで進展しているとは思えない。残念である。

 農業問題の本質とはズレるが、植物工場ががコスト高なら、家庭菜園用のコンパクトな植物工場キットを売り出してはと思う。元来、家庭菜園は新鮮な野菜を手近に入手できるのが魅力であり、コストは度外視されているケースが多い。手足を土でドロドロに汚すことなく手軽に野菜作りができる「植物工場キット」には需要がありそうに思えるが、どうだろうか。

木彫の帽子掛けを壁に密着取り付けして、ささやかな満足2016年12月13日

 月2回の木彫教室に通い始めて5年が経過した。飽きてきたが惰性で続けている。芸を究めようという心境になれないのは移り気な凡人のサガだ。没我の職人作業の時間を過ごすのが至福と思っているのに、なぜか一時しのぎの慌ただしい作業時間の積み重ねになってしまう。

 そんな時間の積み重ねで「鷲の帽子掛け」が完成した。木彫そのものは図案や写真(ナマの鷲)を眺めながら進めていく作業で、時間をかければ何とか形になる。彫った後の塗装は面倒だ。との粉を剥がすのはマスク必須の大変な作業だし、ニスを塗った直後に布で拭き取る作業も神経を使う。塗る、拭き取る、乾かす、という工程を何度も繰り返して、やっと完成する。

 今回は塗装が終わって、さらに一工夫が必要だった。壁に掛ける方法が課題なのだ。

 壁に掛ける作品は絵画のようにフックで吊るすのが一般的だ。時計や鏡なら紐で壁に吊るしてもいいが、帽子掛けはそうは行かない。絵画や時計や鏡は眺めるものだが、帽子掛けは眺めるのではなく使うものである。フックで吊るしたのでは、帽子を掛けたり外したりするたびに右に左にフラフラ揺れて、はなはだ不具合だ。

 2箇所のフックで吊れば左右の揺れはなくなりそうだ。しかし、紐で吊るすのでは前のめりになり壁に密着しない。眺めるだけの絵画なら前のめりも許されるが、帽子掛けは鑑賞用装飾品ではなく日常生活の道具である。不安定に揺れては道具としての機能を十分に果たせない。壁にきちんと固定しているのが望ましい。

 「鷲の帽子掛け」を壁に密着させる方法をいろいろイメージした上でホームセンターに行き、金具を物色した。そして、爪で引っかける形式の適切な金具を発見した。そのまま取り付けると前のめりになるが、木彫の裏面二箇所に四角い窪みを彫ってこの金具を取り付ければ、壁に密着する形で容易に着脱できる筈だ。

 そんなわけで、写真のように壁と木彫裏面に金具を取り付けた。「鷲の帽子掛け」は見事に壁に密着した。多少乱暴に帽子の掛け外しをしてもビクともしない。満足である。