歴史の概説書と思って読んだら「研究史」の概説書だった2021年05月11日

『歴史世界としての東南アジア』(桃木至朗/世界史リブレット/山川出版社)
 今年の3月から4月にかけて読んだ『世界史との対話』(全3冊)の『第28講 東南アジアからみた「大航海時代」』(中巻収録)は、かつて「地理上の発見」と言われた時代が実は「発見」などではなく、すでに東南アジアの海では交易が盛んだったことを描いていて興味深かった。

 あの時代、東南アジアの海岸には「海市国家」という独特の国家が発達していたそうだ。もう少し詳しく知りたくなり、第28講の末尾のブックガイドを眺めた。紹介された24点のなかから、最も手軽に読めそうな次のブックレットを入手して読んだ。

 『歴史世界としての東南アジア』(桃木至朗/世界史リブレット/山川出版社)

 この本は私の想定した内容とは大きく異なっていた。東南アジアの「海市国家」の姿を知りたくて読んだが、東南アジアの交易時代を概説する啓蒙書ではなく、「研究史」の概説書だった。少々面食らったが、こんな内容になった事情は納得できた。

 インドシナ半島からインドネシアやフィリピンなどの島嶼部までをカバーする東南アジアを総合的にとらえる「東南アジア史」研究は、実はかなりややこしいようだ。そのややこしさを伝えるため、著者はあえて、研究者たちが「東南アジア史をどのようにとらえてきたか」を概説する研究史という形をとっている。

 というわけで、私には未知の研究者たちの学説紹介の展開を読むことになった。話は歴史学だけでなく文化人類学・社会学・考古学などに広がる。門外漢の私が著者の議論を十分に理解できたわけではないが、研究者たちの甲論乙駁は面白い。歴史研究の現場の雰囲気が少しわかった気がした。

遺跡発掘の興奮が伝わってくる『オリエント古代の探求』2021年05月03日

『オリエント古代の探求:日本人研究者が行く最前線』(清岡央・編/中央公論新社)
 子供の頃、いろいろな探検物語に接して血わき肉おどる思いで「探検」に憧れた。地球上から「秘境」が消滅しつつある現在、もはや「探検」という言葉は色あせつつあると感じていたが、次の本を読んで、そうでもないと思った。

 『オリエント古代の探求:日本人研究者が行く最前線』(清岡央・編/中央公論新社)

 海外で古代遺跡の発掘調査に携わっている研究者9人へのインタビューをまとめた本である。地表の「秘境」が消えても地中には未踏の遺跡が数多く眠っている。発掘という探求は過去に向かう限りなき探検だと気づいた。

 本書で紹介されている遺跡の場所は、アフガニスタン、エジプト、イスラエル。イラク、バハレーン、インド、パキスタン、シリア、キルギスなどである。現在も発掘作業が続いている遺跡がメインだが、バーミアンやパルミラのように「イスラム国」に破壊されて修復が課題になっている遺跡もある。

 現在、オリエント地域では二十を超える日本の調査団が活動しているそうだ。本書を読むと発掘現場の日々の苛酷さがわかり、それでも発掘を続ける研究者たちの探求心に感嘆する。彼らの話で面白いのは、新たな遺物を発見したときの興奮である。ときめきが伝わってくる。

 墳墓には「宝」が眠っていることが多いので、長い歴史のなかで大半が盗掘されている。だから、盗掘されていない墳墓を発見したときの喜びは格別である。そんなとき、まず警戒するのが盗掘だと知り、なるほどと思った。盗掘は過去のものではないのだ。

 人類の探求心が継続するのは喜ばしく、それが失われば人類は滅亡するだろうが、人々を盗掘にかりたてる欲望も消えることがないのか。

国民国家成立前の時代を描いた『オスマン帝国500年の平和』2021年04月26日

『オスマン帝国500年の平和 (興亡の世界史)』(林佳世子/講談社学術文庫)
 オスマン帝国にはエキゾチックな敵役というイメージがある。コンスタンティノープル陥落やウィーン包囲の印象が強く、スルタンとハレムのトプカピ宮殿の姿が思い浮かび、自分のなかの西欧中心史観を自覚する。

 先日読んだ『世界史との対話(中)』の「第36講 オスマン帝国の栄光と黄昏」には、私の知らないオスマン帝国の姿が描かれていて、次の指摘があった。

 《昔の世界史教科書は「オスマン・トルコ」と呼んでいました。でも彼らはトルコ人の国であるという自覚はなかったので、この呼び方は間違っています。》

 まさに私は、オスマン・トルコと覚えた世代である。西欧史の敵役、イスラム史の脇役といった、ぼんやりした断片的イメージしかないオスマン帝国の姿を少しクリアにしようと思い、次の本を読んだ。

 『オスマン帝国500年の平和 (興亡の世界史)』(林佳世子/講談社学術文庫)

 本書は私にとって非常に新鮮だった。トルコ人の国、イスラムの国という見方がいかに間違っているかがわかった。他の宗教に寛容だったイスラム教とキリスト教(ギリシア正教、アルメニア教会など)などとの関係が具体的に見えてきた。また、この帝国は多様な「民族」から構成されていたこともわかった。著者はオスマン帝国を「何人(なにじん)の国でもなかった」と表現している。

 オスマン帝国(当初はオスマン侯国)は14世紀前半に誕生し、滅亡したのは第一次世界大戦後の1922年である。約600年続いた帝国だが、本書のタイトル「500年の平和」は14世紀から18世紀までを指し、それが本書の主な対象であり、19世紀以降の近代100年は簡略に触れているだけだ。

 オスマン帝国の領土は現在のトルコよりはるかに広く、バルカン半島からシリア、エジプトまでを含んでいる。そんな帝国の命脈が続いたのは18世紀までであり、それ以降は国の姿や体制が大きく変化している。

 本書の冒頭で著者は、なぜトルコ人だけが「何人(なにじん)の国でもなかった」オスマン帝国の末裔とされたか、その経緯を述べている。バルカンやアラブの人々は、歴史のある段階でオスマン帝国と敵対して建国したので自らをオスマン帝国の末裔と位置づけることを拒否した。事情はトルコ共和国も同じで「トルコ人の国」ではなかったオスマン帝国の否定からスタートしている。と言うものの、近代の帝国末期には「トルコ人の国」のような形に縮小していたので、トルコ共和国がオスマン帝国の末裔役を引き受けることになったそうだ。

 こんな事情は、近代が国民国家なるものを生み出したせいである。国民国家の課題を考えるにはオスマン帝国は興味深い研究対象だと知った。私には、それが本書の大きな収穫だった。

 本日(2021年4月26日)の朝刊に、バイデン米大統領の声明にトルコのエルドアン大統領が反発したとのニュースが載っていた。オスマン帝国末期に起きたアルメニア人迫害を、米国が「ジェノサイド」と認定したことへの反発である。トルコ共和国がオスマン帝国の末裔を引き受けていることをあらためて認識した。近代が生み出した国民国家と民族問題は21世紀の大問題である。

壮大な歴史絵本のような映画『クレオパトラ』2021年04月16日

 1963年公開の映画『クレオパトラ』をブルーレイで観た。私が中学生の頃に公開された大作映画で、当時いろいろ話題になっていたのは憶えている。エリザベス・テーラーやリチャード・バートンという俳優名もその頃に知った。だが、歴史やクレオパトラにさほどの関心がなかったので、映画を観たいとは思わなかった。

 中学生の頃に関心がなかった映画を70歳を過ぎて初めて観たのは、年を取って歴史への関心がわいたからである。いつかは観ようと思いつつ、ずるずると半世紀以上の時間が経過したとも言える。

 この10年ばかりで古代ローマ史関連の本をいくつか読んできたので、カエサルやクレオパトラに関する知識も多少は増え、そのイメージの定着に資するだろうと思って映画を観た。

 壮大な失敗作との評判を知ったうえで4時間を超えるこの映画を観て、失敗作と言われる由縁が理解できた気がした。長時間の映画にもかかわらず歴史のダイジェストを眺めている感じで、何とも平板な印象の物語なのだ。

 しかし、映像には圧倒された。CGのない時代に壮大なセット、華麗な衣装、膨大なエキストラを使って作り上げた情景には感心する。大規模な絵本を眺めている気分になる。20世紀フォックスの経営を傾かせるほどの製作費を費やしたということが納得できる。

 もちろん、映画の画像が歴史の実景だとは思わない。あくまでハリウッド的な古代ローマ時代の情景である。歴史の情景は、これまでさまざまな絵画で表現されてきた。同様に映画でも表現されてきた。それがフィクションであっても、歴史のあれこれを自分の頭の中に定着させるには有効だと思う。史実とおぼしき史料をベースに、画家や映画製作者が想像し創造した情景を借用してイメージを紡がなければ、歴史を知った気にはなれない。

『世界史との対話(中)』は深くて読み応えがある2021年03月29日

『世界史との対話:70時間の歴史批評(中)』(小川幸司/地歴社)
 『世界史との対話(上)』に続く中巻をやっと読み終えた。

 『世界史との対話:70時間の歴史批評(中)』(小川幸司/地歴社)

 長年、高校や市民講座で世界史を教えてきた高校教師の講義録という体裁だが、テーマを絞って人物、生活、社会などにこだわった濃い講義で読み応えがある。全3冊で70回(週2回で1年分)のうち23講義を本書に収録している。

 冒頭の第25講のタイトルは「ジュリエットとスコラ哲学」で、オッカムという哲学者の文章が紹介される。その引用文があまりに難解で困惑したが、引用の直後に「これでは理解不能と思われる方も多いでしょう。私も最初はそうでした」とあり、ホッとした。それにしてもジュリエットなんて哲学者がいたかなあと思いつつ読み進めると、これは『ロミオとジュリエット』のジュリエットだった。『薔薇の名前』も出てくる。関係なさそうなものが見事に絡みあって歴史の講義になっていく展開に引き込まれた。

 著者の講義は哲学や文学を援用して世界史を語る形が多い。本書末尾の第47講は美貌の皇妃エリザベートを題材にした「宮廷生活を嫌ったオーストリア皇后」で、この講義ではカフカの『変身』を引用している。「存在と記憶の抹殺」という世界史の問題をこの小説に重ねているのだ。もちろんカフカ自身も歴史の登場人物の一人である。なるほどと唸ってしまう。

 本書全般の大きなテーマは、従来の西欧中心史観の見直しである。いわゆる「大航海時代」を東南アジアの視点で捉え直した説明が興味深い。大英帝国の「覇権」を冷静に再検討しているのも私には新鮮だった。教えられることが満載の講義である。

 全3巻の本書には各巻ごとに「まえがき」と「あとがき」がついていて、それがまた面白い。世界史教育の課題がわかるだけでなく、高校教師の悲哀と喜びが伝わってくる。本文にも著者の自分語りの箇所があり、親しみがわく。

ハッジ(大巡礼)の迫力に圧倒される写真集『メッカ:聖地の素顔』2021年03月23日

『カラー版 メッカ:聖地の素顔』(野町和嘉/岩波新書)
 先日読んだ 『世界史との対話(上)』 (中巻は現在読書途中)で紹介されていた次の本に興味がわき、入手して読んだ。

 『カラー版 メッカ:聖地の素顔』(野町和嘉/岩波新書)

 メッカ巡礼の写真がメインで、文章はさほど多くない。どの写真も迫力がある。文章も面白い。

 イスラム教徒が生涯に一度は巡礼したいと願うメッカとメディナは、ムスリム以外は入れない聖地である。観光で行ける場所ではない。なぜ、著者はこんな写真を撮影できたのか。本書の冒頭でその経緯が語られている。

 1946年生まれの野町氏は、アフリカ、中東、チベットなどを撮るカメラマンとして国際的に知られていた。1994年、ムハンマドの直系子孫にあたる人物から野町氏に、メディナのモスク竣工記念写真集のための撮影依頼が来る。イスラム教徒でなくても撮影できるよう特別許可を出すという。

 野町氏はメディナだけでなくメッカの写真も撮りたいと希望するが、それは異教徒には無理だと言われる。そのとき、なんと野町氏はイスラムに入信する決断をする。東京のイスラミック・センターで宣誓し、ムスリム証明書を受け取るとき、「メッカの撮影が終わったらムスリムをやめるというんではダメですよ」とクギをさされる。

 ムスリムになった野町氏は1995年から2000年まで毎年メッカ、メディナを取材し、5回のハッジ(大巡礼)を体験する。その体験の記録が本書である。初めての巡礼体験の新鮮な驚きが伝わってきて読者も興奮させられる。

 本書冒頭の見開き写真は、カーバ神殿を回る大群衆の写真である。この写真には見覚えがあった。2年前に酔狂で購入した高校世界史の教科書(山川出版社)の巻頭グラビアページにこの写真があり、「これは何じゃ」と驚いた。パラパラと拾い読みしただけの「山川世界史」で印象に残っているのはこの写真だけだ。その印象強烈な写真は、日本人カメラマンが撮影した貴重なものだったのだ。

 イスラム史の重要都市として知っているだけのメッカとメディナのイメージが本書によって鮮明になった。歴史の蓄積と近代が混合した大迫力の「巡礼都市」というの不思議なイメージである。

『世界史との対話』は世界史教育改革を提言する高校教師の講義実例2021年03月17日

『世界史との対話:70時間の歴史批評(上)』(小川幸司/地歴社)
 ネット検索していて、世界史の高校教師が執筆した『世界史との対話』(全3冊)という本を見つけ、興味がわいた。立ち読みはできないので1冊目のみを購入した。

 『世界史との対話:70時間の歴史批評(上)』(小川幸司/地歴社)

 この本、私には非常に面白かった。すぐに残りの2冊も注文した。著者は1966年生まれ、東大西洋史学科卒、師から大学院進学を勧められるも高校教師の道を選び、現在(本書刊行時)は長野県の高校の教頭だそうだ。

 奥付には「2017年12月15日初版4刷発行」とあり1刷の発行日がない。「あとがき」の日付が2011年10月だから、その直後の発行だろう。

 本書は70回の講義という形になっている。上巻は「人類の誕生」から「ジャンヌダルク」までの24講を収録していて、巻末に補論がある。「まえがき」で補論から読むことを勧めている。

 補論のタイトルは「世界史教育のありかたを考える:苦役への道は世界史教師の善意でしきつめられている」である。著者の高校世界史教育改革論で、網羅主義の“暗記地獄”になっている高校世界史を「病んだ妖怪」と批判している。現状の課題がわかって非常に興味深い。

 私は半世紀以上昔の大学受験で世界史を選択していない。いずれ世界史を頭に入れねばと思いつつ、ぼちぼち勉強を始めたのは60歳を過ぎてからだ。2年前に予備校教師の書いた 『世界史B 講義の実況中継(全4冊)』 という本を通読したとき、語り口の面白さに惹かれたものの「受験生でなくてよかった」と安堵した。高校世界史が扱う膨大な事項を頭に留めるのは容易ではない。

 著者は、網羅的に歴史の流れと事件を記述することを否定し、歴史を素材に「人間のありかた」「政治のありかた」「自分の生き方」を考える「歴史批評」を提言している。そんな世界史教育改革論をふまえた講義の実例が本書である。

 講義では、それぞれの時代の世界史の材料やテーマを提示し、歴史研究者たちの知見を紹介し、現代社会の視点で歴史を検討している。つまり歴史批評であり世界史との対話である。歴史研究の現状も垣間見ることができ、読み応えがある。

 本書の第18講「元寇は日本に何をもたらしたか」は、モンゴル帝国の構造をふまえて世界史視点で元寇を検討し、強化された神国日本意識がその後の歴史にもたらした影響にも言及している。やや些末なことだが、この講義では「蒙古襲来絵詞」が江戸時代に改竄されたと説明している。私が読んだ 『蒙古襲来と神風』(服部英雄/中公新書/2017.11) ではこの改竄を否定していた。定説はどうなっているのだろうか。

『シルクロード全史』はバランスが奇妙な世界史概説書2021年03月13日

『シルクロード全史:文明と欲望の十字路(上)(下)』(ピーター・フランコパン/須田綾子訳/河出書房新社)
 私はシルクロードや中央ユーラシア史に関心がある。だから、本屋の店頭で次の書名を目にしたとき、すぐに手が伸びた。

 『シルクロード全史:文明と欲望の十字路(上)(下)』(ピーター・フランコパン/須田綾子訳/河出書房新社)

 著者は1971年生まれの英国の歴史学者である。「はじめに」に目を通すと、歴史を西洋中心で見ることに批判的で、アジアを重視しなければならないと述べている。面白そうだと食指が動いたが、ためらう気持もあった。その理由は以下の通りだ。

 ・分厚い2巻本で読むのが大変そう。
 ・著者も訳者も未知の人。
 ・訳者の「あとがき」も、識者の「解説」もなく、本書の評価が不明。

 かなり迷ったすえに購入し、やっと読了した。そして、タイトルから想像した内容とは全く異なる本だったので驚いた。

 本書の原題は「THE SILK ROADS:A NEW HISTORY OF THE WORLD」で、著者は「シルクロード」を「人が東へ西へ(あるいは南へ北へ)行き交う場」といった意味に拡大解釈している。従って、本書は中央ユーラシアの東西交渉史ではなく世界史の概説書になっている。

 本書の「はじめに」と「おわりに――新たなシルクロード」では、本来のシルクロードや中国の一帯一路を総括的に概説しているのだが、「はじめに」と「おわりに」の間に挟まる膨大な本文は、この総括からかなりはみ出している――私には、そう思えた。

 本書の上巻はアレクサンドロスの遠征に始まり、仏教・キリスト教・イスラム教の伝播、十字軍、ペスト、モンゴルの侵攻、コロンブスらの航海を経て、オランダや英国の覇権拡大までを述べている。まさに人の移動を視点にした世界史概説である。

 下巻になると近現代史で、二つの大戦を経た冷戦時代から、ソ連崩壊、湾岸戦争、9.11に至る関係国の動向を述べている。イラン革命やソ連のアフガニスタン侵攻、イラン・イラク戦争あたりの記述はかなり詳しい。歴史書というより、ジャーナリストかノンフィクション作家のレポートを読んでいる気分になる。

 著者は西欧中心の見方に批判的だが、著者の言う「アジア」や「東」はトルコからイランに至る地域を指す場合が多く、それより東はあまり登場しない。バランスが奇妙な西欧中心の世界史概説書に見える。英国人から見た一つの世界史像なのだろう。

 本書によって教えられる事項も多く、興味深く読めたとは言えるが、寿司屋に入ってステーキを食べさせられた気分である。それもまた一興か。

精緻な挿絵満載の『絵で見る十字軍物語』で読書の追体験2021年03月11日

『絵で見る十字軍物語』(塩野七生、絵:ギュスターヴ・ドレ/新潮社)
 先月、 『十字軍物語(全4冊)』(塩野七生/新潮文庫) を読了したとき、気がかりだった本がある。文庫版の「まえがき」で言及されていた 『絵で見る十字軍物語』である。単行本の『十字軍物語(全3巻)』刊行時に、その「序曲」として出たビジュアル本である。それを古書で入手して読了した。

 『絵で見る十字軍物語』(塩野七生、絵:ギュスターヴ・ドレ/新潮社)

 19世紀前半に出版された『十字軍の歴史』(ミショー)に掲載されたドレの挿絵を集成した本である。小口木版という手法で描かれた精緻な挿絵98点が掲載されている。見開きの左頁全体が1枚の挿絵、右頁の上段がその絵に関する地図、下段が情景の簡単な解説になっている。

 読み終えた『十字軍物語』の余韻を辿る気分でこの「絵本」をゆっくりと繰って行くのは至福の時間である。挿絵によって『十字軍物語』のアレコレの場面が浮かんでくる。意外だったのは、あの「物語」を読んだ時とは別の感慨がわく絵も多いことだ。

 戦闘場面の絵が多いのは当然だが、戦闘後の死屍累々の場面、困難な行軍で倒れていく人々を描いた場面などにも迫力があり、読書時にはあまり感じなかった悲惨さが伝わってくる。また、十字軍の「現場」ではなく銃後の情景にも惹かれた。女性や子供たちの募金活動、歌で送られて出陣する人々、帰郷した老兵士の物語に聴き入る子供たちの様子も印象深い。絵は感性に訴える表現だと、あらためて認識した。

中世ヨーロッパと中近東の事情を活写した『十字軍物語』(塩野七生)2021年02月25日

『十字軍物語(1)(2)(3)(4)』(塩野七生/新潮文庫)
 先月(2021年1月)、イスラム史の概説書を何冊か読み、イスラム世界に蛮族のごとく襲来してきた十字軍が印象に残ったので、塩野七生の『十字軍物語』を読んだ。

 『十字軍物語(1)(2)(3)(4)』(塩野七生/新潮文庫)

 1096年にローマ法王が十字軍を提唱してから、1291年に中近東の十字軍国家が消滅するまでの約200年を綴った歴史エッセイである。この間に8回の十字軍遠征があった。第1次十字軍が中近東に4つの十字軍国家を樹立したのが成功と言えるだけで、その後の遠征にもかかわらず十字軍国家は縮小し、最終的にイスラム世界が勝利する。

 この200年間の事情を語る塩野七生は相変わらず明快で面白い。主な人物たちに焦点をあて、人物評を交えながらその行動と思考を追い、戦闘場面になると一段と筆が冴える。同時に政治・経済・外交をくっきりと鳥瞰する。独断的な見解や推測もあるが、この時代の様子がありありと浮かんでくる気がする。

 本書は、第1次から第8次の十字軍遠征を語るだけではなく、遠征の合間の期間にも着目している。中近東において周辺のイスラムと共生せざるを得ない十字軍国家の様子や事情は興味深い。彼らにとって有難迷惑な十字軍あったようだ。

 十字軍の時代を活写した物語ではあるが、少年十字軍への言及はあっさりしている。社会史的な事象であって政治・経済・外交とは無縁だからかもしれない。やはり、塩野七生は人物論の人である。彼女は自身の著作の人物について次のように語っている。

 《書くからには、絶対にその人間を愛します。といってそれは美点だけを愛するという類の愛ではありません》

 その通りだろうとは思うが、登場人物は好印象の人物、悪印象の人物、どちらとも言えない人物にわかれる。

 本書では頑迷固陋な宗教者たち(法王、法王代理)は悪役であり、悪賢く己れの領土拡大だけを目論むフランス王も悪役だ。著者の肯定的な愛が感じられるのは獅子心王リチャードや皇帝フリードリヒ2世であり、イスラムの英雄サラディンである。これらはみな柔軟性のある勇者だ。

 十字軍には壮大な愚行というイメージがある。本書を読み終えても、やはり愚行だったと思える。それだけではなく不条理でもある。2度にわたる遠征に失敗したルイ9世が「聖人」とされ、大きな活躍をしたテンプル騎士団(ルイ9世の身代金も立て替えるた)が帰国後に大弾圧を受けるのは不条理としか言いようがない。

 考えてみれば、愚行と不条理の積み重ねが歴史の常の姿かもしれない。その愚行と不条理から、世の中の変化をうながす力が湧き出てくるのだろうと思えてくる。