『シュヴァルの理想宮:ある郵便配達員の夢』を観た2020年07月03日

 自宅のテレビで映画『シュヴァルの理想宮:ある郵便配達員の夢』を観た。この映画が下高井戸シネマで今年4月に上映されると知ったとき、ぜひ観たいと楽しみにしていたが、コロナ禍の非常事態宣言で映画館は閉鎖になってしまった。

 やっと映画館が再開され、この映画の上映も決まったが、コロナ籠城生活のなか、自宅の55インチテレビで AMAZON Prime Video の映画を観る生活に慣れ親しんでしまい、そのラインアップに『シュヴァルの理想宮』が入ったので、映画館には申し訳ないと思いつつ、安易な自宅での映画鑑賞を選択した。

 フランスの郵便配達員が、たった一人で33年かけて造りあげた奇怪で魅力的な「宮殿」のことを知ったのは6年前である。そのときの感想をブログに書き、機会があれば、約100年前に造られたこの「宮殿」を訪れたいとも述べた。この6年間にそんな機会はなく、将来も行けそうにない。だから、せめて映画で「宮殿」の映像を堪能したいと思ったのである。

 『シュヴァルの理想宮』は無口で変わり者の郵便配達員が「宮殿」を造っていく様子を描いた家族愛のドラマである。主人公シュヴァルの雰囲気が私の抱いていたイメージにぴったりだった。建築の知識も技術もない素人が、本業の合間に33年の年月をかけて造り上げた驚異の建造物には、持続する集中力の凄さを感じるしかない。

 この映画の終わりの方では「シュヴァルの理想宮」の全容が俯瞰も含めて映し出される。彼の地を訪れたようなバーチャル体験ができ、まずは満足した。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ウサギとカメ、勝ったのどっち?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dark.asablo.jp/blog/2020/07/03/9264212/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。