本物の元宝塚スターが春日野を演じる『少女仮面』2020年02月20日

 先月、シアタートラムで『少女仮面』(作:唐十郎、演出:杉原邦生、主演:若村麻由美)を観たのに続いて、中野のテアトルBONBONという小さな劇場でmetro第12回公演『少女仮面』(作:唐十郎、演出:天願大介、主演:月舟さらら)を観た。上演後にはトークショーもあった。

 シアタートラムの『少女仮面』はかなりモダンでパステルカラー風だったが、今回の舞台は紅テントのような泥絵の具風でもなく、あえて言えば薄塗りの油絵のような趣だった。アングラ風に近い。

 主演の月舟さららは宝塚で10年間男役スターとして活躍して2005年に退団した女優だそうだ。本物の元宝塚スターが『少女仮面』の春日野八千代を演ずるのだから、まさに適役である。劇団唐組を率いる久保井研も腹話術師として出演している。かつては唐十郎が演じた「少女フレンドを抱えた老婆」を演じた村中玲子の冒頭の唄と「何よりも、肉体を!」で終わる科白に往年のアングラの空気を感じた。

 なぜかチラシが制服少女姿なので、どんな演出なのだろうとヒヤヒヤしたが、チラシはあくまでイメージ写真で、舞台にこんなシーンはない。変な言い方になるが、オーソドックスなアングラ風なので安心して楽しめた。

 上演後のトークショーで、元宝塚の月舟さららが、退団後にこの戯曲を読んで、なぜこんなに宝塚スターのことがわかるのだろうと驚いたと語ったのに驚いた。宝塚の大スターが観客によって肉体を失われ「私の肉体を返してくれ」と叫ぶ姿に月舟さららが共感したのである。そんな「読み」があるのかと新鮮だった。演出の天願大介が「月舟さんの言う肉体と唐さんの言う肉体は、おそらく違うものだと思う」と語ったことに私も同意する。でも、唐十郎の「特権的肉体論」の意外な拡散を面白く感じた。