小説と歴史概説書で天平のイメージを少しつかめた2019年07月06日

『緋の天空』(葉室麟/集英社文庫)、『天平の時代』 (栄原永遠男/集英社版日本の歴史4)
 光明皇后を主人公にした次の小説を面白く読んだ。

 『緋の天空』(葉室麟/集英社文庫)

 この小説を読み終えて、その時代背景を確認しようと次の歴史概説書を読んだ。

 『天平の時代』 (栄原永遠男/集英社版日本の歴史4)

 これは1991年刊行の日本史叢書の1冊で、ほとんど全てのページに多彩なカラー図版があり、文章も読みやすい。

 『緋の天空』は藤原不比等の娘として生まれた安宿媛(あすかべひめ・後の光明皇后)の少女時代から没するまでを点描した小説である。主な登場人物は首皇子(おびとのみこ・後の聖武天皇)、膳夫(かしわで・長屋王の息子)、清人(きよと・後の道鏡)などで、彼らの成長していく様を皇位継承の経緯とからめて描いている。

 この小説の主な事件は「長屋王の変」や「大仏開眼」だが、印象に残るのは持統・元明・元正・孝謙など女性天皇の姿であり、頼りない聖武天皇をリードする光明皇后の姿である。タイトルの「緋の天空」は「女帝が治める世を蓋う天空の色」を表している。

 あらためて、奈良時代とは女帝の時代だと認識した。女帝即位にはそれぞれ事情があったが、女帝たちは傀儡だったわけではなく、主体的に動いているように見える。

 小説がどこまで史実を反映しているか私にはわからない。基本的なことは知っておこうと、歴史学者の書いた『天平の時代』を読んだ。この概説書は、貴族や天皇の政争から経済や社会の様子、国際情勢までをバランスよく描いている。近年になって大量に発掘された木簡の話など研究現場の話題紹介も多い。

 『天平の時代』は長屋王邸を図解や写真を交えて詳しく解説している。この屋敷は小説の主要な舞台の一つなのでイメージがふくらんだ。小説にはほとんど登場しない下級の人々の様子も活写されている。写経所で写経という仕事に従事している経師たちの生活は近代の安サラリーマンそのもので、遠い古代社会が身近に感じられた。

 私は日本古代史に関しておぼろな知識しかないが、この2冊によって光明皇后や聖武天皇のイメージが具体的になり、長屋王の変の様相も把め、平城京の空気を多少は感じることができた。

歴博の第1展示室(先史・古代)の人形は異様にリアル2019年07月12日

 千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館に行った。じっくり見るならとても一日では回り切れない。膨大な展示物に圧倒された。展示室は次の6つである。

 第1展示室 先史・古代
 第2展示室 中世 
 第3展示室 近世
 第4展示室 民俗
 第5展示室 近代
 第6展示室 現代

 現物展示もあるが、模型やジオラマも多い。巨大な歴史図鑑である。それぞれの展示物の説明を読みながら歩いていると一つの展示室だけで疲労困憊してしまう。だから、大半の展示物はザーッと見ただけだ。

 中世の展示室で写経生の姿(右下の写真)に接したのには感動した。最近読んだ『天平の時代』 (栄原永遠男/集英社版日本の歴史4)に描かれていた写経生の生活が印象深く、彼らに感情移入していたからである。写経生の人形の背景には「待遇改善要求」の説明漫画も掲示されている。歴史概説書で抱いたイメージが眼前に現出したので驚いた。

 ただし、この写経生のマネキン風人形は顔も手も黒で表情がない。それでも雰囲気は伝わってくるが、もっと踏み込んでリアルな様を演出してほしいと思った。

 と言うのは、今年3月にリニューアルした第1展示室「先史・古代」の人形が異様にリアルで(左下の写真)、その迫真性に惹きつけられたからである。人形が生身の人物に見え、縄文時代の集落に迷い込んだ気分になり縄文の空気が肌で感じられる。

 この手の展示物の人形の出来栄えなどあまり気にしていなかったが、精緻でリアルな人形に独特の効果があると実感した。だから、中世の写経生の人形に生身の人間の表情があれば、中世の下級ホワイトカラーの生活がより身につまされて伝わると思った。それが、歴史のねつ造につながるかどうかはよくわからないが。

ソグド人への関心で読んだ『西域』2019年07月13日

『西域(世界の歴史10)』(羽田明/河出書房新社)
◎急にツアー参加を決めて…

 旅行会社のパンフで「幻のソグディアナ タジキスタン紀行8日間」というツアーを発見して惹きつけられた。『シルクロードと唐帝国』(森安孝夫)や『ソグド商人の歴史』(E・ドゥ・ラ・ヴェシエール)で興味を抱いたソグディアナという地名が目に飛び込び、思い切ってこのツアーを申し込んだ。出発までに約1カ月しかない。

 という事情で、中央アジアのにわか勉強の一環で次の本を読んだ。

 『西域(世界の歴史10)』(羽田明/河出書房新社)

 河出書房の『世界の歴史(全24巻)』は数十年前に安価な古書で入手したが、この巻は未読だった。刊行は1969年2月、かなり昔の本である。

◎西域のロマン

 「西域」という言葉には遥かなる遠方の辺境を思わせる独特の魅力がある。「君に勧む更に尽せ一杯の酒/西のかた陽関を出ずれば故人無からん」という王維の詩句が浮かび、シルクロードのロマンに重なる。

 西域とはタリム盆地(タクラマカン砂漠)からカスピ海に至る広大な地域で、本書は先史時代から19世紀までのこの地域の長い歴史を概説している。と言ってもメインの記述は、この地域がシルクロードの中枢として繁栄し西域と呼ばれていた時代である。

 西域の歴史を読めば、そこで活動していた多様な人々や多くのオアシス都市の様子がわかり、この地域を辺境ロマンの目で眺めるのは偏見で、文明の十字路と見るべきだとあらためて認識した。また、人間の集団とは西や東への大移動をくりかえすものだと知った。島国日本では体感しにくい事象である。

◎ソグド商人は文化の伝達者

 本書を読む動機のひとつはソグド人への関心である。ただし、1970年代以降にソグド人の墓や墓誌があいつで発見され、それからソグド研究が盛んになったと聞いたことがあるので、1969年発行の本書にはさほど詳しい記述はないのではと思っていた。

 予断に反して、本書はソグド人やソグド商人の活動をかなりのページを割いて記述している。ソグドが単なる商業民族ではなく、遊牧民族との共生関係を築いて軍事的にも強かったと指摘している。また、ソグド語が国際語として広く使われていたことを述べ、文化の伝達者としてのソグド人にも着目している。

◎ソグドの古代都市遺跡

 ソグド人の古代都市ペンジケント(ピャンジケント)遺跡を図解入りで詳しく説明しているのもうれしかった。来月予定のツアーではタジキスタンにあるこの遺跡が訪問先のひとつだが、ガイドブックにはほんの簡単な記述しかなかったのである。正倉院の御物にこの遺跡で発見された壁画を連想させるものがあるという興味深い指摘もある。

 本書のソグド人に関する記述を読み、日本の東洋史学の底力の一端に触れた気分になった。

◎蛇足

 本書の著者・羽田明氏(京大教授)は高名な東洋史家・羽田亨(京大総長、京大にはその功績を顕彰した羽田記念館がある)の長男で、親子二代の西域研究者である。「あとがき」によれば、本書全体の構想をたてたのは羽田明氏だが、約半分は別の研究者(山田信夫、間野英二、小谷仲男)が執筆したそうだ。

 本書付録の月報の「編集部だより」の次の一節が面白かった。

 「本巻執筆中に羽田先生が京大教養部長に就任されたため、執筆時間を学園紛争にとられたことや当社が経営上の躓きを経験したことから、きわめて厳しいスケジュールを先生に課す結果となった。」

 本書の発行日は1969年2月15日、全共闘まっさかりの時期で私は大学生だった。そんな頃、河出書房倒産のニュースを耳にしたと思う。本書の奥付を確認すると発行者は「河出書房新社」、1968年11月発行の『世界の歴史7 大唐帝国』までの発行者は「河出書房」、8巻以降は「新社」になっている。1960年代末の熱気と混迷を感じた。

中央ユーラシア史の観点で「安史の乱」を解説2019年07月16日

安禄山:「安史の乱」を起こしたソグド人』(森部豊/世界史リブレット人/山川出版社)
 山川書店の「世界史リブレット」シリーズはワンテーマを100頁弱で解説した読みやす冊子である。その「安禄山」を読んだ。

 『安禄山:「安史の乱」を起こしたソグド人』(森部豊/世界史リブレット人/山川出版社)

 高校世界史の教科書だと安禄山や安史の乱に関する記述は1ページに満たない。それを薄い冊子で解説するのだから、かなりの詳細がわかる。サブタイトルが示しているようにソグド人としての安禄山に焦点をあてた記述になっている。

 最近読んだ『シルクロードと唐帝国』(森安孝夫)や『ソグド商人の歴史』(E・ドゥ・ラ・ヴェシエール)でもソグド人としての安禄山に言及していて、それがきっかけで安禄山への興味がわき、本書を読んだ。

 755年の「安史の乱」は唐衰退の契機となる8年にわたる大乱である。反乱を起こした安禄山が息子に殺害され、反乱を引き継いだ史思明も息子に殺害されるという訳のわからない展開だと感じていたが、本書でおよその経緯はつかめた。そして、思った以上に大規模な事変だと知った。

 本書では「反乱」の理由として、安禄山 vs 宰相・楊国忠の権力闘争とは別に複雑な地域間対立を指摘している。それは中央ユーラシア史という広い観点から「安史の乱」をとらえる見方である。

 安禄山の父はソグド人、母は突厥人である。「反乱」の資財はソグド商人のネットワークから得ていたそうだ。

 唐帝国の世界には多様な種族(「民族」と表現するのは適切ではない)がいて、その種族がそれぞれの思惑で入り混じって戦ったのが「安史の乱」である。唐は建国のときには突厥からの援助を受けたが「安史の乱」ではウイグルの援助を受けている。突厥復興を夢みる突厥遺民は安禄山側で参戦している。唐の側にはアッバース朝から弾圧されたアラブの軍勢までがパミール高原をこえて参戦している。

 著者は、「安史の乱」は7世紀以来のユーラシア全体の歴史変動を視野に入れなければ理解できないと述べている。その歴史変動とは、突厥第一可汗国の崩壊、薛延陀の滅亡、西突厥の衰亡、奚・契丹と唐の攻防、ウマイヤ朝からアッバース朝への交代などなどである。実にややこしい。

台湾から与那国島への「3万年前の航海」報告会見を聞いた2019年07月18日

 日本記者クラブで「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」報告会見があった。プロジェクト代表の海部陽介・国立科学博物館人類史研究グループ長と二人の漕ぎ手(原康司キャプテンと田中道子さん)が会見した。

 旧石器時代にわれわれの先祖が大陸から海を渡って来たことを「沖縄ルート」で実証するプロジェクトで、今月上旬、手漕ぎの丸木舟による台湾から与那国島への航海が成功した。

 私は1年前、このプロジェクトの「漕ぎ手募集説明会」のチラシを図書館で見かけた時から興味を抱いていた。だから、成功のニュースにはひときわ感動した。

 今回の会見で航海の詳細を聞き、あらためてこのプロジェクトの意義を理解し、3万年前の技術だけによる公開の難しさを知った。航海時間は30時間から40時間の見込みだったが実際には45時間かかったそうだ。

 3万年前、台湾は大陸の一部だった。当時も今も黒潮が流れていて、昔の潮流も推測でき、漂流では台湾から沖縄の諸島に流れ着くことができないと実証されている。だから、太古の人は己の意思で海を渡ったと推測される。

 与那国島と台湾の距離は100キロ、天候がよければ与那国島から台湾は見える。台湾の標高は与那国島に比べてはるかに高い。台湾から与那国島は見えないとも言われていたが、海部氏は現地調査し、海岸からは見えなくても高い山からは与那国島が見えることを確認したそうだ。

 与那国島は台湾の東方100キロにあるが、今回の航海の距離は225キロである。黒潮の流れを想定して南方から北東に向かう航海になるからである。それは地図を観て理解していたが、漕ぎ手たちは北東ではなく東南東に向かって漕いだと知って驚いた。潮の流れとの格闘であり、潮に乗る制御なのである。

 地球は丸いから海上から与那国島が見えるのは50キロ圏内に入ってからである。当然、出発地から島は見えない。それでも3万年前の人類は島を目指して海に漕ぎ出して行ったのである。その動機が何だったのはわからないが、探求心だったと思いたい。

中央アジアの歴史を「トルコ化」「イスラム化」で解説2019年07月20日

『中央アジアの歴史:草原とオアシスの世界』(間野英二/講談社現代新書)
 40年以上前(1977年8月)に出た次の新書を古書で入手して読んだ。

 『中央アジアの歴史:草原とオアシスの世界』(間野英二/講談社現代新書)

 本書を読もうと思ったのは『シルクロードと唐帝国』(森安孝夫)で「シルクロード史観論争」の発端になった書とされていたからである。

 確かに著者は、シルクロードという東西交通路の存在が中央アジアの住民たちにどの程度意識されていたかは疑問だとの見解を述べている。だが、それは本書のメインストーリーとはあまり関わらない話なのでさほど気にならなかった。

 本書はトルコ民族史という視点で中央アジアの歴史を記述している。現在のトルコは小アジアの国だが、もともとのトルコ人は中央アジアの草原地帯の遊牧民である。現在の中央アジアの住民の多くもトルコ系である。北方騎馬民族の匈奴や鮮卑の民族系統は不明だが、6世紀に活躍した突厥、8世紀に活躍したウイグルなどはトルコ系だ。

 本書のメイン舞台はトルキスタンと呼ばれる中央アジアのオアシス地帯で、サマルカンド、ブハーラ、ホータンなど多くのオアシス都市がある。最近、私が興味をもったソグド商人の故地ソグディアナもそこに含まれるが、ソグド人はトルコ系ではなくイラン系である。

 著者はソグド商人の活動が最高潮に達したのは7~8世紀頃とし、次のように述べている。

 「ソグド人たちの商人としての活動にあまりに眼をうばわれて、ソグド地方を中心とする中央アジアの諸オアシス都市を、もっぱら商業都市、隊商都市と規定することはゆきすぎであろう。やはりオアシス都市の基本的な経済は、何よりも農業に依存していたと考えるべきであろう。」

 妥当な考えだと思う。本書の眼目はソグド商人が活動した時代ではなく、その後の9世紀以降である。この頃、中央アジアは「トルコ化」「イスラム化」という転換期をむかえる。「トルコ化」とは草原地帯の遊牧民だったトルコ人がオアシス地帯に進出して定住民化し、この地域でトルコ語が使われるようになったということである。このように整理して説明されると、複雑な中央アジアの歴史の見通しがよくなる。

 「トルコ化」「イスラム化」に焦点をあてているせいか、著者がチンギス・ハーンなどモンゴル系を見る目は辛辣に思われる。本書の真打はティムール帝国である。私はこの帝国についてよく知らなかったので勉強になった。ティムール帝国やムガール帝国はモンゴル系と思っていたが、トルコ化しイスラム化したモンゴル族が建てた帝国だそうだ。人間の集団は融通無碍に変化していくものであり、系統にこだわりすぎてはいけないと再認識した。

内陸アジアの歴史は「接触と混合」2019年07月22日

『内陸アジア史の展開』(梅村坦/世界史リブレット/山川出版社)
 『中央アジアの歴史』(間野英二/講談社現代新書)に続いて次の冊子を読んだ。

 『内陸アジア史の展開』(梅村坦/世界史リブレット/山川出版社)

 本書によって『中央アジアの歴史』で得た朧のようなイメージが多少整理できた。間野氏の新書本の刊行が1977年、梅村氏のリブレットの刊行はソ連崩壊後の1997年である。

 「中央アジア」と「内陸アジア」は似た言葉だが、後者の方が広い範囲を示すことが多いらしい。著者は本書において「内陸アジア」を「東は大興安嶺、西はカスピ海、北はバイカル湖を通る北緯55度のライン、南は崑崙山脈の北緯35度線」としている。現在の国で言えば、ロシアの一部、中国の一部、モンゴル、カザフスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスになる。

 現在、この地域にはおよそ1億人が住んでいて、漢族(1500万以上)、ロシア人(2000万以上)を除いた約6000万人の概略内訳は次のようになるそうだ(概略数なので合計が6000万人を超えている)。

  トルコ系  5000万人
  モンゴル系 600万人
  イラン系  450万人

 圧倒的多数がトルコ系である。これは言語系統による区分けである。混血がかさねられているので顔つきや体型での区分けは難しいらしい。キルギスのようにコーカソイドからトルコ系に変化した人々もいる。

 著者は内陸アジアの文化には「トルコ文化」「イスラーム文化」「仏教」という三つの基層があるとし、それぞれの歴史的経緯を解説している。そのなかでも「トルコ化」と「イスラーム化」がダイナミックで興味深い。

 トルコ系の人々はバイカル湖南方の遊牧民だったが、それが東へ東へと移動・拡大し、ついには小アジアのオスマン帝国になる。トルコ化によって多くの人々の母語がトルコ語に変わっていったのである。

 トルコ化が東から西への動きだったのに対し、イスラム化は西から東への動きだった。

 中央アジアではじめてのイスラーム政権の国はイラン系のサーマーン朝(875年~999年)である。サーマーン朝は遊牧トルコ人奴隷をマムルーク軍団として組織していた。著者は、そのようなサーマーン朝の姿を次のように記述している。

 「北や東のトルコ人勢力を積極的に内部に取り込んで西アジアに輩出させ、西アジアのイスラームをトルコ人世界に押し出す、双方向のポンプのような役割をはたしたことになる。」

 わかりやすくて面白い表現だ。

 この地域の歴史ではチンギス・ハーンの大帝国の印象が強いので、なぜこの地域は「モンゴル化」しなかったのだろうとの疑問がわく。著者によれば、モンゴル人の人口は少なく、モンゴル帝国はモンゴル人だけでによって築かれたのではないそうだ。著者は次のように記述している。

 「モンゴル帝国は、その時期までに展開したユーラシアの遊牧社会とオアシス文明の諸要素、住民をシャッフル(混合、移し換え)して全土を統合した。」

 「双方向ポンプ」と「シャッフル」、内陸アジアの歴史はダイナミックである。次の記述も印象に残った。

 「異文化の接触、混交がいとも容易に起こりうる、それがオアシスの文化というものである。」

ソグド人に会いに行った2019年07月24日

 出水美術館で開催中の「唐三彩:シルクロードの至宝」に行った。目当ては「胡人=ソグド人」である。

 最近、個人的に俄かにソグド人への関心が高まり、来月にはソグド人の出身地であるソグディアナ(ウズベクスタン、タジキスタン)へのツアーに参加する予定である。

 唐三彩が流行したのは唐中期の80年間ほどで唐詩の全盛期にかさなる。ソグド人を描い唐三彩の写真をよく目にするので、この展覧会に行けばソグド人に出会えると思った。

 展示物のなかで私が確認できたソグド人を描いた唐三彩は3点あった。ラクダに乗ったソグド人、大きな容器を抱えているソグド人、漢人と並んで立っているソグド人である。

 これらを眺めながら、長安の都でソグド人はエキゾチックな存在であると同時にその社会に深く入りこんでいたのだろうと思った。また、同じ頃に奈良の平城京にも彼らがいたのではと想像した。

『オアシス国家とキャラヴァン交易』の主役はソグド商人2019年07月26日

『オアシス国家とキャラヴァン交易』(荒川正晴/世界史リブレット/山川出版社)
『オアシス国家とキャラヴァン交易』(荒川正晴/世界史リブレット/山川出版社)

 この冊子は目下の私の関心事であるソグド人に関する記述がメインで、興味深く読了できた。目次は以下の通りである。

   1 オアシス国家と交易
   2 国際商人としてのソグド人
   3 オアシス国家のなかのソグド人
   4 ユーラシアの変動とソグド商人
   5 唐帝国の成立とソグド商人

 本書の刊行は2003年12月、『ソグド商人の歴史』(E・ドゥ・ラ・ヴェシエール)がパリで出版された翌年である。本書巻末の参考文献にはその原著も掲載されているが、他の多数の文献は日本人研究者のものだ。この分野では日本人研究者も頑張っているのだと感じた。

 中央アジアには紀元前後の頃から大小多数のオアシス国家があり、主なオアシス国家はタリム盆地周辺やソグディアナ地域にあった。中央アジア西端のソグディアナのオアシス国家(サマルカンドなど)からは国際商人が出現する。本書はそのソグド商人に着目し、彼らの活動の実態を描いている。

 ソグド人の聚落は中央アジアの広範囲に存在し、交易のネットワークを築いていた。北方遊牧民国家や唐帝国の直接支配や間接支配のもとでのソグド人のしたたかさが面白い。

 シルクロードの実態を知るということは、そこで展開されてきた交易の実態を知るということである。それはソグド商人の活動に関する知見を深めることである……と納得できた。

『ティムール』を読んでテュルク化・イスラム化を感得2019年07月28日

『ティムール:草原とオアシスの覇者』(久保 一之/世界史リブレット人/山川出版社)
 山川出版の「世界史リブレット」は半日足らずで読了でき、世界史の断片的知識の肉付けに重宝している。『オアシス国家とキャラヴァン交易』(荒川正晴)に続いて次の冊子を読んだ。

 『ティムール:草原とオアシスの覇者』(久保 一之/世界史リブレット人/山川出版社)

 ソグド人の出身地ソグディアナあたりのその後の物語である。ソグド商人がシルクロードで活躍したのは第1千年紀(10世紀まで)で、その後、13世紀、14世紀の中央アジアはチンギス=ハンとその子や孫が支配する時代になる。ソグディアナはチンギス=ハンの次男の名を冠したチャガタイ・ハン国の一部になる。

 そこに登場するのがティムールで、彼が興したサマルカンドを中心としたティムール朝(1370~1500)は、15世紀には広大な大帝国になる。

 チャガタイ家の家臣の出身であるティムールは、チンギス=ハンの血を引く人物を名目上のハンに戴いて領土を拡大し、やがては自身がチンギス・ハンの血統であるかのように名乗る。テュルク化(トルコ化)し、イスラム化しても、依然としてチンギス=ハン家の権威とモンゴルの伝統が残っているのが興味深い。

 とは言え、テュルク化・イスラム化という大きな変動には驚かざるを得ない。チンギス=ハンとティムールの生年には約170年の隔たりがある。ティムールから見たチンギス=ハンは、昭和生まれの私から見ると江戸時代に活躍した滝沢馬琴、大塩平八郎らの感じだ。ずいぶん昔と感じるか、さほどでもないと感じるかは人それぞれだろう。

 170年という時間で言葉も宗教も変わり、文化は大きく変容したのである。人の世の可塑性はたいしたものだと思う。