「国立劇場おきなわ」に行った2019年01月30日

 「国立劇場」と名付けられた劇場は半蔵門の国立劇場、初台の新国立劇場の他に「国立劇場おきなわ」がある。前二者では何度か観劇しているが「国立劇場おきなわ」には行ったことがなかった。
 
 この数年、年間30日ほどは沖縄で過ごしているのて、沖縄の国立劇場にも行ってみたいと思いつつ、その機会がなかった。公演日が少なく、滞在中に適当な演し物に出会えないのである。

 だが、やっと私の滞在日と公演日が重なり「国立劇場おきなわ」で「絃への誘い」という催し物を観た(1月26日)。演目に惹かれたというよりは劇場を見たかったのである。

 「国立劇場おきなわ」はバス停から徒歩10分というやや不便な場所にある。駐車場は広い。沖縄は車社会だからこれでいいのかもしれない。建物は予想通りに立派である。半蔵門の国立劇場と同じように大劇場と小劇場があり、今回の催しは大劇場での上演だ。

 「絃への誘い」は第一部が琉球古典音楽、第二部が地歌・津軽三味線で、いずれも私にとっては馴染みのないものだったが十分に楽しめた。

 琉球古典音楽は三線の演奏と歌で、芝居を組み合わせた歌舞伎風の演目もあった。字幕が表示されるので内容は何とかわかる。地歌と津軽三味線はもちろん沖縄のものではないが、それぞれに通底するものを感じ、琉球の文化は独自でありながらも日本と同じルーツをもっていると思えた。

 「国立劇場おきなわ」は琉球の歌舞劇「組踊(くみうどぅい)」を継承していくために作られたそうだ。次はこの劇場で組踊を観たい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ウサギとカメ、勝ったのどっち?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dark.asablo.jp/blog/2019/01/30/9030704/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。