ホース蛇口の教訓……まず自分を疑え2012年09月15日

写真左:不完全な装着で水が噴き出ている。写真右:正しく装着すれば水は漏れない
 山小屋の庭に水道蛇口がある。蛇口をひねってから水が出るまでに多少の時間がかかる。凍結防止のため、栓が深い所にあるからだ。畑の水やりだけでなく、汚れものを洗ったりするのにも重宝している。

 2年ほど前、この水道のためのホースをホームセンターで購入した。どうせなら長い方がいいと思い、巻き取り式の15メートルのホースにした。この長さがあれば駐車場所まで伸ばせるので車の洗車にも使える。

 このホースは、蛇口にビスで固定する受け口が附属していて、それを蛇口に付けておけば、ホースを簡単に着脱できる。ホース側の留め具を受け口に差し込むごく一般的な仕掛けである。

 購入してすぐ、受け口を蛇口に固定し、ホースをカチャッと差し込み、蛇口をひねった。当然のことながら、15メートル先のホースの先端から水が出てきた。しかし、水道の蛇口のホースを差し込んだ箇所の隙間からもかなりの水が勢いよく噴き出てきた。水流の三分の一ほどは差し込み口から噴き出ていて、ホースの先端からは三分の二ほどの水しか出ていないようである。かなりのロスだが、使えなくはない。ただし、水道の蛇口を開閉するときにかなり注意しないと水を浴びてしまう。夏はいいが冬は大変だ。

 そんなロスのあるホースではあるが、この2年間使い続けてきた。とは言っても、欠陥ホースだとの認識はあり、ホースなしで済ませることも多かった。畑の水やりもしばしばジョロを使った。車の洗車はほとんどしなかった。砂利道ですぐに車が汚れるので洗車は無意味だと悟ったからだ。

 そして先日、水まきをしようと思ってホースを水道に装着するとき、ふと気になり、留め具をさらに深く押し込んでみると、留め具が受け口に密着し、隙間がなくなった。カチャッと差し込むだけでは駄目で、さらにもう一度カチャッと差し込まねばならなかったのだ。カチャッ(左の写真)ではなくカチャッカチャッ(右の写真)だったのだ。

 カチャッカチャッで装着して蛇口をひねると、差し込み箇所から水が噴き出すことはなく、100パーセントの水がホースの先端から勢いよく噴き出した。ノズルの調整でシャワーから直線まで気持ちよく水流を変えることもできる。
 私はこの2年間、何と阿呆なことをしていたのかと思った。ほんのちょっとしたことに気付かなかったため、水をロスし、しばしば水を浴び、ジョロで畑を何往復もしたりしてきたのだ。

 自分の阿呆さにあきれつつ、何故気付かなかったを反省してみた。反省点は二つある。

(1) 場当たり的対処だけであきらめた
  最初、差し込み箇所の隙間から水が噴き出てきたとき、私は水びたしになりながら、留め具をさらに深く差し込もうとしたが水流で押し戻された。それで、この隙間は仕方ないと思い込んでしまった。水を出したまま押し込もうとする行為の難点に気付かず、水をいったん止めてからさらに深く差し込もうという当然の発想に至らなかった。大袈裟に言えば、パニックによって冷静さを失い、短慮で結論を出してしまった。

(2) 道具を信用していなかった
  購入した15メートルのホースは比較的安い商品だった。ホームセンターにはもっと高価なホースもあったが、私は安い方を選んだ。差し込み口から水が噴き出たとき、安物だから隙間ができるのは仕方ないと思い込んでしまった。これは、道具に対してはなはだ失礼な態度だった。道具を疑う前に使い手である自分自身を疑うべきであった。

 考えてみれば、私の身の回りにはこのホースのような道具がまだまだたくさんありそうだ。携帯電話やIPODなどの多様な機能を使いこなせていないことは自覚している。これらは、自分に必要な最小限の使い方ができればいい。しかし、本来は便利に出来ているであろう道具を間違って使い、不便をガマンしたり、その道具を放り出してしまっているケースも多いかもしれない。
 道具に接するときは、まずは道具を信用し、使い手である自分を疑うことを心掛けねばと思う。